健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

東洋新薬が仏国立の教育・研究機関とフラバンジェノールの共同研究


[2010/06/22]

(株)東洋新薬(本社:福岡県福岡市、本部:佐賀県鳥栖市、代表取締役:服部利光)は、フランスの研究機関 国立トゥールーズ理工科学院と『フラバンジェノール(R)』の美容に関する共同研究を開始したことを発表した。

国立トゥールーズ理工科学院は、日本との国際交流も盛んな教育・研究機関で、産業連携機関(CATAR - CRITT AGRORESSOURCES)により、大学での研究成果を産業発展に結びつけるため、様々な活動をしている。同学院のTalou博士は、これまでフランスの高級食材として有名なトリュフをはじめとした数々の研究を実施している。

『フラバンジェノール(R)』は、東洋新薬の独自素材。フランス南西部ランド地方に植林された海岸松の樹皮から抽出される機能性素材でオリゴメリック・プロアントシアニジン(OPC)を主成分としたポリフェノールを豊富に含み、抗酸化作用や血流改善作用など様々な生理活性を示すのが特徴となっている。近年は、強力な美白作用や抗シワ作用が認められるなど、各分野で注目を集めている。

同プロジェクトは、もともとは九州地域バイオクラスター推進協議会とフランスの産業クラスターF2Cイノベーションの協力によりはじまったもので、日仏の産業発展のために行われる。今後、この共同研究により、両社は互いの専門分野を活かしながら美容に関する研究を進め、『フラバンジェノール(R)』の新たな学術的知見が得られることが期待されている。

つぶやく
関連ニュース
セ『フラバンジェノール(R)』のステロイド外用療法による副作用軽減作用を臨床試験により検証/東洋新薬
セ東洋新薬 『大麦若葉末』に新たな効果-潰瘍性大腸炎を予防-
セ東洋新薬「バラフR」配合化粧品使用による保湿作用、抗シワ作用を臨床試験により確認
関連ワードで検索
東洋新薬フラバンジェノール共同研究トゥールーズ理工科学院
ソ今週のアクセスランキング
1.クレアボーテ / 「ベルサイユのばら入浴料」が4種合わせて累計22万個販売の人気に
2.非ES細胞を用いて健常マウスを作製
3.砂糖や水飴を水溶性食物繊維に置き換える特許技術の発明「糖質90%オフのど飴」を発売/森永製菓
4.機能性表示食品「カナダ ドライ ジンジャーエール プラス」/コカ・コーラ
5.「AGハーブMIX」の抗糖化と美肌作用について/アークレイ
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO