健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

シールドラボ / 機能性を大幅に高めた独自コエンザイムQ10素材を供給


[2006/04/19]

(株)シールドラボ(本社東京都豊島区、佐藤美二社長)は、機能性食品原料「AQURIA」シリーズに、α−リポ酸に次ぐ第二弾として「AQURIAコエンザイムQ10」を発表した。独自開発による、自己乳化型と高分散型の2つのタイプがラインナップされている。 通常、摂取されたコエンザイムQ10は肝臓で消化酵素リパーゼによりミセル化(微細に乳化)され、小腸部位で毛細血管から吸収される。しかし、リパーゼの分泌が不足している人では、コエンザイムQ10は取り込めない可能性が高い。摂取したコエンザイムQ10の60%が排泄されてしまうケースもある。 同社で開発した「自己乳化型コエンザイムQ10」は、この体内動態に着目。コエンザイムQ10をグリセリン脂肪酸エステルを基材として活性化処理し、乳化した。また、あらかじめ低分子化したことにより、吸収経路が毛細血管からではなくリンパからと変化し、より吸収されやすいようになる。吸収率は、通常のコエンザイムQ10素材に比べ高まっている。 同素材の形態は顆粒タイプとソフトカプセルタイプ。液体に乳化しやすく、乳化した状態が維持されるため沈殿も起こりにくい。そのため、飲料への配合も容易だという。 また、「高分散化型」も上市した。サイクロデキストリン(CD)包接を行うことで、熱や光への安定性を高めている。また、液体内での分散性も高い。コエンザイムQ10含有量20%品と40%品の2種類で展開する。40%品に関しては現在、開発の最終段階にある。 同社にはすでに引き合いが来ており、現在はサンプルワークを行っている。

つぶやく
関連ニュース
セ健康経営優良法人2018〜ホワイト500〜に認定/森永製菓
セ「キユーピー マヨカフェ」東京・名古屋・大阪へ / キユーピー
セ2018春の新作コスメが一挙に試せる体験会を開催/コスメニスト
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.自己の血液で作る即効型次世代注入剤「PPP」を治療メニューに導入
3.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
4.ピクノジェノールが男性不妊治療に有効であることが判明/DKSHジャパン
5.業界初の発見 クズの花に発毛効果!!
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO