健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ローヤル化研 / まつげパーマサロン発まつげ用美容液を発売


[2006/04/19]

ローヤル化研 / まつげパーマサロン発まつげ用美容液を発売
ローヤル化研(本社東京都品川区、本多美喜雄社長)は、同社が展開するまつげパーマサロンで使用していたまつげ用美容液を一般向けに商品化、このほど「恋まつげ」として売り出した。同社のまつげパーマサロンは、業界では30年になる老舗だという。 同製品は、まつげ用美容液で主流であったマスカラタイプではなく、まつげの生え際にアイラインのように引くペンシルタイプ。育毛剤でも使用されている、発毛を促進するセンブリエキスやパンテノールを配合した。そのほか、シャンプーなどにも含有される、人間の髪を作っているケラチンに近い羊毛由来の加水分解ケラチンをくわえた。髪の修復作用があるという。 さらに、肌用の美容液に用いられる素材を贅沢に配合。保湿効果がある成分としてはクロレラエキス、サッカロミセス溶解質エキス、トレハロースを使用した。また、頭皮の水分損失を抑えるとされるアロエベラエキス、女性ホルモン様作用のあるプエラリアミリフィカ根エキスも配合した。 使用方法は、蓋を開けて時計周りに容器の後部をカチッと音がするまで1〜2回回して毛筆状の毛先に美容液を含ませ、まつげの生え際をなぞるだけ。1本で1ヵ月〜2ヵ月使用することができる。効果の実感には、1ヵ月半〜2ヵ月を要する人が多く、顧客の声では「コシが出た」というものが多いという。ターゲットは、ビューラーやマスカラクレンジングでまつげを傷めている若い女性から、まつげが減ってきたり細くなった実感がある30〜40代の女性までと幅広い。 ファッション誌や新聞などマスコミパブリシティの反響も良いほか、シンガポールで行われたビューティーショーでは約300本用意した同製品が3日間で売り切れてしまった。 販路はまつげパーマの直営店・加盟店、ドラッグストア、自社通販など。

つぶやく
関連ニュース
セロシアの製薬企業とロシアにおける医療機器、サプリの販売契約を締結/富士フイルム
セ管理栄養士監修シリーズmatsukiyo LAB「アスリートライン」を展開/マツモトキヨシ
セ5/25 機能性表示食品の届出情報(わたしケア体脂肪/アフリカマンゴノキ由来エラグ酸《エルベ・プランズ》)等[追加3製品 / 合計1,377製品]/消費者庁
ソ今週のアクセスランキング
1.10/18 機能性表示食品の届出情報(ボディチャレンジ/アフリカマンゴノキ由来エラグ酸《龍泉堂》)等 追加2製品を公表/消費者庁
2.技術情報協会が台湾・中国・韓国のセミナー開催
3.新開発「足裏温感」機能搭載、パナソニック「マッサージソファ」2機種を発売
4.ナイトミルク入りの夏バテ防止スムージーを限定販売
5.ポカポカ生薬配合の入浴剤新発売/石澤研究所
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO