健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

日本広告審査機構(JARO) / 平成17年度折込広告消費者モニター報告を発表


[2006/04/05]
日本広告審査機構(JARO)が、平成17年度折込広告消費者モニター報告を発表した。これは健康食品と美容外科における不適正表示の実態を調査するために行ったもの。実施期間は平成17年10月から12月までの3ヶ月間で、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県で行った。 期間中、新聞360部に折り込まれていた広告の総枚数は7453枚。この中で健康食品の広告は、物品販売とドラッグストアなど小売業の販売広告で 239枚(全体の3.2%)であった。そのうち、モニターが「法違反・説明不足・誤認のおそれがある表示」として指摘した広告は174枚(健康食品の広告の72.8%)であった。 分類すると、物品販売の広告が114枚、ドラッグストアなど小売業の広告が56枚、「○○通信」などといった情報紙形態の折込(商品名を掲載していないので、薬事法上は広告ではないが、モニターが折込広告とみなしたもの)が26枚となった。 これらの広告の問題点で最も多いのが、薬事法第68条(承認前の医薬品等の広告の禁止)に違反するおそれがあるもので、医薬品とみなされる疾病の予防または治療を標榜していた。続いて多いのが景品表示法第4条(不当な表示の禁止)に違反するおそれがあるもので、特定の食品を摂取するだけで極めて短期間に痩せるかのような表示。なお、情報紙形態の折込は、消費者が掲載された電話番号に連絡した際に商品の販売行為が行われれば、健康増進法第32条の2 (誇大表示の禁止)に違反するおそれがある。
つぶやく
関連ニュース
セ製造現場の知能化を加速 IoTサービス基盤「i-BELT」を立ち上げ/オムロン
セ医薬部外品「肌美精 ビューティーケアマスク(ニキビ)」新発売/クラシエホームプロダクツ
セ宇宙日本食「米菓(柿の種ピーナッツ入り)」としてJAXAから認証/亀田製菓
ソ今週のアクセスランキング
1.9種類の浴槽があるように表示 温泉施設の景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
2.膵がんの早期発見につながる血液検査を開発
3.便通を改善する特定保健用食品の粉末緑茶が新発売
4.膵がんの早期発見につながる血液検査を開発
5.「虫よけ商品」販売業者4社に対する景品表示法に基づく措置命令/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO