健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

リンディニューヨーク / 生コエンザイムQ10化粧品が対前月比300%を達成


[2006/04/05]

リンディニューヨーク / 生コエンザイムQ10化粧品が対前月比300%を達成
リンディニューヨーク(本社東京都港区、野山佳世子社長)が販売する、美容液「デリシャスコラジェリー」の2月度売上高が、対前月比300%に達した。同製品は、カプセル化し、フレッシュさを保ったコエンザイムQ10のほか、キャビアエキス、フカヒレコラーゲンなど52種もの成分を贅沢に配合した。 最大の特徴は、ジェル状の美容液の中にコエンザイムQ10とビタミンEを多糖類で包み込んだ粒上のカプセルを配合している点。肌の上で粒状のカプセルを潰すと、フレッシュなコエンザイムQ10が出てきて肌に浸透する仕組み。「コエンザイムQ10は不安定な成分なので、油溶性で化粧品に配合されている場合、容器のふたを開ける度に酸化・劣化してしまいます。また水溶性は純度が低いといわれています。そこで、油溶性のコエンザイムQ10を包括しました」(野山社長)。 さらに肌のコラーゲン量をアップさせるために、フカヒレコラーゲンを含有させたほか、コラーゲン生成を助けるキャビアエキス、コラーゲンを破壊から守る甲殻類由来のアスタキサンチン、コラーゲンの原料補給をする17種類のアミノ酸を配合した。コエンザイムQ10もコラーゲン生成を促進する。そのほか、高い抗酸化力を持つピクノジェノールも配合した。ジェルのベースとなっているのはヒアルロン酸で、増粘剤を一切使用していないのにトロリとしたテクスチャーになっている。同社では、「“肌で食べる高級食材”がキャッチフレーズ」としている。なお、キャビアエキスが配合された化粧品が国内で発売されるのは初めてだという。香りは、ダマスクローズ。 発売前に行った敏感肌の人50名でのモニターテストでは、「肌荒れしなくなった」「しっとりする」という声が圧倒的に多く、20代前半では「ニキビが出なくなった」、30代では「毛穴が目立たなくなった」などの感想が寄せられたという。 ターゲットは20代〜30代を想定していたが、40〜50代のユーザーも増えているという。 販路は、自社通販、他社通販、ソニープラザ、コスメ専門ショップなど。 税込価格は50g・6300円で、1ヵ月〜1ヵ月半使用できる。

つぶやく
関連ニュース
セ資生堂ビューティートレンド研究チームが2017年春夏の街頭トレンドを解説 今季メイクは「ピンクブーム」が熱い!/資生堂
セ通販ブランド『米肌』から、「活潤リフト化粧水」を発売/コーセープロビジョン
セ2017 F/W トレンド予測 スーパーフードランキング TOP10 【モバイルスーパーフード】が続々登場/日本スーパーフード協会
ソ今週のアクセスランキング
1.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
2.健康食品開発の米社に出資/電通ベンチャーズ
3.6/19 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉 脳内αディーエイチシー])追加1製品を公表/消費者庁
4.抗菌剤として特許取得のホタテパウダー使用のインソール『抗菌ソールEX』を新発売/スプレンダーISO
5.「パロアッスル」抗肥満作用の新知見を発表/IHM
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO