健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

東洋新薬 / 新素材「大豆セラミド」を発表


[2006/03/29]
東洋新薬 / 新素材「大豆セラミド」を発表
東洋新薬 / 新素材「大豆セラミド」を発表
東洋新薬 / 新素材「大豆セラミド」を発表

(株)東洋新薬(本社福岡県福岡市、服部利光社長)は、22日に新素材「大豆セラミド」を発表した。 同社によれば、大豆由来のセラミドには美肌作用があるという。主な作用は(1)メラニン生成抑制効果、(2)ターンオーバー促進効果、(3)コラーゲン生成促進効果。 (1)については、メラニンを生成する腫瘍皮膚モデル細胞である“B16melanoma”を「大豆セラミド」を含有した培地で培養、細胞中のメラニン量を測定した結果、メラニン生成量が抑制されることが明らかになった。このことから「大豆セラミド」はメラニンの生成を抑制し、美白作用を有することが示唆された。 (2)については、ヒト皮膚モデルを「大豆セラミド」含有培地で培養し、表皮層(角質層を除く)の厚みを測定した結果、大豆セラミド含有培地で培養したヒト皮膚モデルに占める表皮層の割合がコントロール群と比較して高くなっていることが明らかになった。以上のことから「大豆セラミド」は細胞の活動を活発化し、皮膚のターンオーバーを促進することが示唆された。 (3)については、ヒト線維芽細胞(コラーゲンを生成する細胞)を「大豆セラミド」含有培地で培養し、生成され細胞外に放出されたコラーゲン量を測定した結果、ヒト線維芽細胞のコラーゲン生成量が増加することが明らかになった。このことから「大豆セラミド」はコラーゲンの生成を促進することにより、美肌効果を発揮することが示唆された。 ほかに同社では、クライアントの望む素材を発酵させることができるようになったと発表した。

つぶやく
・関連ニュース
ラクトフェリンがヒトノロウイルスのヒト細胞への感染を抑制することを観察/森永乳業
発酵性食物繊維「イヌリアTM」販売開始/帝人
ノンスポーツ分野にmyHMB?Clear(HMB遊離酸)を新発売/兼松ケミカル
・今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.1日11時間以上座る人では死亡リスクが40%以上増大
3.ストレスチェック義務化に対応したメンタル対策強化支援サービスを開始/キヤノンマーケティングジャパン
4.日本初の”体形百貨店”をオープン
5.2018年上半期トレンド予測 「ジャパニーズスーパーフード」 ランキングTOP10を発表/日本スーパーフード協会
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO