健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

水性フレキソ2号機導入へ


[2010/04/07]
水性フレキソ2号機導入へ

中京化学(愛知県稲沢市)が2台目となる軟包装向け水性フレキソ印刷機を導入する。4月中に設置調整後、5月GW明けの稼働を目指す。グラビア印刷との"棲み分け"を進め、4000b以下の極小ロット分野の需要を担う新たなモデルとなるか、動向が注目されている。

2号機目となるフレキソ印刷機は1号機目と同じオリエント総業が開発。印刷ユニットがインライン型セクショナル(ギアレス)方式で、印刷可能原紙幅が300〜620ミリのナロウサイズを主体とする。1号機と同じく「ドクターチャンバー方式」を採用し、高精度・高再現性の決めてとなる樹脂版とアニロックスロールの接圧を100分の1ミリ単位で制御が可能。インキが均一にフィルムへ移るよう樹脂版と圧胴が少し触れる距離"キスタッチ"を実現する。

製版は版線数133線の樹脂凸版を使用。インキはこれまで"水性グラビア印刷"で蓄積したプロセスカラー方式により、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック、ホワイトのプロセス5色の水性フレキソインキによる掛け合わせ印刷方式。独自構築のカラーチップチャートを駆使し特練りインキは使用しない。

昨年6月中旬から開始した水性フレキソ印刷は、本社近くに位置する陸田工業団地内に約2400平方bの敷地に「フレキソ工場」で稼働。1号機はすでにフィルム用から紙用に転用を図っており、不織布、レーヨン紙などの印刷加工を主として行う。課題となる紙粉対策も除去装置を搭載して対策した。近く設置するフィルム専用機は紙専用印刷工場、フイルム専用印刷工場を間仕切ることで、紙粉等の異物が混入しない工夫を凝らした。また2階部を増床し、フレキソ製版システムを稼働させる予定としている。

激変する軟包装業界で水性のパイオニアとして脚光を浴びる「中京化学」がフィルム用、紙用とフレキソ印刷機を2台稼働させることで、グラビア印刷との共存、活路をどのように拓いていくのか期待されるところだ。

つぶやく
関連ニュース
セ酒類リターナブル容器商品の価格を改定/アサヒビール
セ環境負荷を低減した新パッケージに刷新「い・ろ・は・す 天然水」を発売/コカ・コーラシステム
セ食品用器具及び容器包装の規制に関する検討会(開催案内)/厚生労働省(生活衛生・食品安全部)
関連ワードで検索
容器パッケージ水性フレキソ印刷機
ソ今週のアクセスランキング
1.ローヤルゼリーとマンゴスチンの美肌ドリンクなど2品を販売開始/ブルボン
2.日本通信販売協会新会長にファンケル宮島会長が正式就任
3.来春導入予定の新食品機能表示制度に要望/JADMA
4.来春の機能性表示解禁へ向けての注意点
5.カタログのQRで即時決済!物販支援決済サービスの提供を開始/凸版印刷
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO