健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

スプラウト / 「ブロッコリースプラウト」の原料供給に乗り出す


[2006/03/24]

(株)スプラウト(本社東京都中央区、川野辺浩由社長)は、4月の会社設立と同時にパウダー化した「ブロッコリースプラウト」の原料供給に乗り出す。 「ブロッコリースプラウト」とは、ブロッコリーの新芽のこと。含有する“グルコラファニン”が体内で酵素によって加水分解され“スルフォラファン” (ファイトケミカルの1種)に変換されることで、(1)解毒酵素を活性化、(2)抗酸化作用を増強する。これらの働きにより、体外から異物(病原菌、発がん物質)が入ってきても無毒化して尿・糞便として排出すると共に、体内の抗酸化物のバランスを保ち、生活習慣病や酸化ストレスによる疾患の予防・軽減を行う。 また「“イソチオシアネート類”(“スルフォラファン”を含む第二層解毒酵素を誘導するファイトケミカルの総称)の第二相解毒酵素誘導による発癌抑制」という研究が、御茶の水女子大学生活科学部食品化学研究室の森光康次郎氏と、名古屋大学大学院生命農学研究科食品機能化学研究室の内田浩二氏によって発表されている。著者らはこれまで蓄積された細胞レベルと動物実験結果から、“イソチオシアネート類”による発癌抑制効果を十分に期待できるとしている。 そのほか筑波大学消化器内科の谷中昭典講師は、ピロリ菌感染者に「ブロッコリースプラウト」摂取の臨床試験を行った。試験はプラセボ群25人、「ブロッコリースプラウト」摂取群25人に2ヵ月間、毎日70gを摂取させた。その結果、ピロリ菌の活性を調べたところ、「ブロッコリースプラウト」摂取群はピロリ菌の活性が約30〜60%減少、胃炎も抑えられた。 同社の「ブロッコリースプラウト」は、建物内のコントロールされた環境で水耕栽培を行って生育していることから、害虫を排除できるほか雑草も生えないため、農薬・除草剤などの化学薬剤を使用していない。また、生鮮のブロッコリースプラウトよりもビタミン・ミネラルが豊富になっている。活性成分“グルコラファニン”も、1400mg/100gと、生鮮のブロッコリースプラウトの100〜200g/100gよりもはるかに多くなっている。 同社では、青汁、打錠されたサプリメント、菓子などの一般加工食品での需要を見込んでいる。

つぶやく
関連ニュース
セ審査規準も緩和。店舗・企業向けLINEアカウント「LINE@」機能・サービスをアップデート/LINE
セ医薬品成分を含有する製品の発見について(5品からイブプロフェンなど検出)/東京都福祉保健局
セ「ヤクルトの国産ケール青汁」を新発売/ヤクルトヘルスフーズ
ソ今週のアクセスランキング
1.9種類の浴槽があるように表示 温泉施設の景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
2.チオビタシリーズを海外で展開 香港で「Tiovita 3000」発売/大鵬薬品工業
3.株式会社村田園に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
4.チオビタシリーズを海外で展開 香港で「Tiovita 3000」発売/大鵬薬品工業
5.体の大きい男性は悪性度の高い前立腺がんになりやすい?
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO