健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

代理店・会員拡大した受注代行「ダイヤルエステ」とは


[2010/03/24]

ドクターリセラは、 2007年より通販事業に本格参入し、 登録顧客数は6万人以上にのぼる。 創業以来、 化粧品から美容機器・健康食品などの開発からエステサロンを中心に卸売業を営んできたことから、 「全国の販売店とともに成長していける通販ショップ」 と自社を位置づけている。

そのきっかけが沖縄海洋深層水 「アルファグリックス」 の開発だ。 これまで米国化粧品を扱ってきた中、 「アクアヴィーナス」 「ドクターリセラ」 の2シリーズを立ち上げた。 サロンユーザーのクチコミで広まり、 同社への問い合わせ件数が急増。 しかしその問い合わせに対し、 「近郊の取り扱いサロンや代理店を紹介してきたが、 実際にサロンへ向かう顧客はほとんどなかった」 という課題が残っていた。

代理店・会員拡大した受注代行「ダイヤルエステ」とは

そこで、 サロン専売品と同様にアルファグリックスを配合した美肌クリーム 「スーパーホワイト」 を開発し、 「気軽に購入、 肌実感できる」 通販専売品として展開を開始。 各メディア媒体での広告・宣伝効果もあり、 発売から看板アイテムになっており、 08年度5億円だった通販事業の売上げは、 09年度は約10億円を見込んでいる。

さらに同社は、 代理店の販売をサポートする受注代行システム 「ダイヤルエステ」 を構築した。 いわば“通販型エステサロン”で、 受注を代行して近郊の販売店で受け取る仕組みだ。 昨年、 島根にコールセンターを開設し、 受注体制を整えた。

興味はあるがサロンに敷居の高いイメージをもつ顧客にも来店のきっかけをつくり、 販売店は、 積極的な広告・宣伝活動なしで顧客との接点ポイントが増える。 この 「ダイヤルエステ」 の導入により代理店も700店舗まで拡大している。

つぶやく
関連ニュース
セ薬用化粧品「リンクルショット」海外で発売開始/ポーラ
セ100%天然由来のスキン、ヘアー、オーラル向けクレンジング化粧品原料を新開発/エボニック ジャパン
セ長瀬産業と発酵技術を用いた化粧品素材の共同研究契約を締結/ファンケル
関連ワードで検索
化粧品通販受注代行
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
3.健康食品 電話勧誘販売 LFコーポレーションに業務停止命令(3か月)/消費者庁
4.特定商取引法違反の連鎖販売業者(IPSコスメティックス)に対する業務停止命令(3か月)及び指示について/消費者庁
5.株式会社ミス・パリ/エステティック業界初 東京大学とミスパリ 共同研究開始
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO