健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

駅弁容器で環境対応が”加速”


[2010/03/17]
駅弁容器で環境対応が”加速”

駅弁容器の“環境対応”が加速中だ。東海道新幹線および在来線の車内販売や駅弁販売を手掛けるジェイアール東海パッセンジャーズ(以下パッセンジャーズ、本社・東京)では、昨年10月から発売している「近畿味めぐり弁当」(950円)の中仕切り容器に、キャッサバ芋を原料とするデンプントレー「タピオ」を採用。その旨を紙箱蓋の裏面に記載するなど、積極的なアピールに努めている。新幹線を利用する“エコ出張”の効果が期待される中、環境配慮を意識したパッケージングの採用で、トータル的なイメージアップのシナジーも期待できそうだ。

デンプントレー「タピオ」は、プラス化成工業(札幌市手稲区)が東南アジアから輸入したシートを成形、鉄道関係に強い食品用軽包装サプライヤーのシンギ(広島市中区)が駅弁容器として販売する。

駅弁容器で環境対応が”加速”

食品業界などの包装ユーザー分野では近年、製造や商品を通じて“環境対応”の姿勢を訴える動きが活発化。かねてから駅弁容器の一部見直しを検討してきたパッセンジャーズでも、容器軽量化や簡素化に続く具体策として植物由来プラスチックに着目し、シンギからの提案を受けて採用に踏み切った。

タピオトレーは通常、白色だが、ご飯を引き立たせるため“黒”に着色したほか、ご飯とオカズ4種類が盛れるオリジナルの型を起こした。容器にはテーパーがかかり在庫適性が優れる点も、採用では大きなポイントだったようだ。

つぶやく
関連ニュース
セ植物由来プラスチックと再生プラスチック包材を使用したエコマーク付き商品(洗剤・コーヒー)を発売/日本生活協同組合連合会
セ環境負荷を低減した新パッケージに刷新「い・ろ・は・す 天然水」を発売/コカ・コーラシステム
セ食品用器具及び容器包装の規制に関する検討会(開催案内)/厚生労働省(生活衛生・食品安全部)
関連ワードで検索
容器パッケージエコ植物由来プラスチック
ソ今週のアクセスランキング
1.化粧品等の連鎖販売取引契約企業に業務一部停止命令/東京都
2.製薬業界向け、医薬品等申請書作成・支援サービス「OpenTrusty(TM)」を開発 /日本ユニシス
3.下請法違反でセブン-イレブンに勧告/公正取引委員会
4.合同会社アサヒ食品に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
5.日本サプリメント株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO