健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

カタログハウス 分冊2カ年目の化粧品専門媒体が売上げ急増


[2010/03/04]
カタログハウス  分冊2カ年目の化粧品専門媒体が売上げ急増

総合通販大手カタログハウスが化粧品の売上高を伸ばしている。 このほど発行した定期カタログ 「通販生活 『2010年春号』」 別冊付録の化粧品媒体 「ソロー」 が好調で、 創刊号だった2009年版の通期12カ月間売上げを2010年の2月半ばまでにクリア (松尾隆久取締役広報部長) するなど、 コスメカタログが分冊化2年目の受注スタートで快進撃を見せている。

同社は2009年1月、 生活用品全般で構成する 「通販生活」 (年間3回発行、 春号‖128万5000部) の商品MDを刷新した。 売れ筋商品を継続掲載することで鮮度を欠いた媒体について、 「誌面の硬直化」 (同) を排斥する目的で定番商品を折り込み別冊 「ソロー」 創刊号に集約。 安定した受注高が見込める化粧品42アイテムを掲載した専門媒体に仕立て、 受注12カ月間で対応する年間カタログとして展開している。

同社では 「ソロー」 創刊号の具体的な売上げ数字を公表していないが、 指標として2009年3月期決算売上高330億6000万円のうち化粧品の構成比は 「8%で年々アップしている」 ことを明らかにしている。

第2号目となった 「ソロー」 は、 自然派食材や環境に配慮した洗剤も盛り込み、 化粧品を前号より多い計46点掲載している。 今回の品ぞろえコンセプトについて、 松尾取締役は 「当社の中心顧客層は40歳代〜50歳代前半で、 ミセスらしい色使いや健康的なツヤ出しが好まれる。 一方で、 厚塗りを嫌う傾向や天然由来の綺麗さを求める要望が多く (商品の仕込みは) たいへん」 と説明している。

2010年も 「商品憲法〜こんな化粧品は売りません」 を掲げ、 石油系合成界面活性剤や紫外線吸収剤の不使用をうたうなど、 計10項目の厳格な販売ルールを誌面に提示した。 さらに、 2005年から始めた 「20名モニター制度」 では顧客から参加を募った2000人の登録モニターらが協力し、 「当社のファンであるだけに、 (消費者として) 相当に厳しい人たち」 が新規商品の安全検証にひと役を買った。

つぶやく
・関連ニュース
『米肌』から薬用美白化粧品を発売/コーセープロビジョン
キューサイと共同でTV通販番組の制作にAIを活用/NTTデータ
ASEAN 地域で初の@cosme storeをタイでオープン/アイスタイル
・関連ワードで検索
カタログハウス通販化粧品紙媒体
・今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.1日11時間以上座る人では死亡リスクが40%以上増大
3.ストレスチェック義務化に対応したメンタル対策強化支援サービスを開始/キヤノンマーケティングジャパン
4.エボニック、アクゾノーベルと電解質膜事業を開始/エボニック ジャパン
5.日本初の”体形百貨店”をオープン
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO