健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

業界最安クラスの緩衝材製造機


[2010/02/19]
業界最安クラスの緩衝材製造機

アストンジャパン(東京都千代田区)は、市場ニーズに対応する廉価な緩衝材として、コンパクト型エアクッション製造マシン「エコポコ AT1000」を発売、緩衝材製造機市場に参入する。

初期投資抑制の観点からエアー緩衝材製造機市場はレンタルで利用するユーザーと、ランニングコストを抑制したいため購入を選択するユーザーと二極化する。

代表取締役・相蘇十成氏によると「緩衝材製造機の市場は比較的高価なものが多い」という。

いずれにせよ、今後購入かレンタルかを決めかねているユーザーにとっては、その後押しとなる材料が欲しい所だ。

同社の製品は某メーカーの販売する製造機(実勢価格80万円)と比較して同30万円と廉価なのが特長だ。販売価格について相蘇氏は「業界最安値」と自負する。

特に強調したいのは、オフィスでの使用が可能という点。省スペースかつ軽量でオフィスに設置しても違和感がなく、重量は25`cのため比較的持ち運びやすいと言えそうだ。

用途は食品のほか、電子部品・精密機器、医薬化粧品など幅広い。

専用のフィルムの紙管は一般的なもの(内径=7・62p、外径=8・62p)に対して、リユース可能なPPの紙管(内径=3a、外径=3・8a)は半分以下で圧倒的に小さい。つまり、同じ容積でより巻き数を多くしていることになる。

エアーフィルムはサイズにより用途が分かれ、物を包むのに適した8a、隙間を埋めの12aとサイズ変更も可能。

さらに相蘇氏は「これまでの電子業界で培った経験から、エアー緩衝材はリユースされることが多いところに目を付け、エアー緩衝材そのものに会社名やアピールしたい製品を印刷することを請け負っている。緩衝材自体が新たな広告媒体として安価に流通することにより、継続的なアピール効果が得られる」と語る。

なお同社では、電熱器具としてPSEの認証を取得、実用新案登録済み(登録3154953号)。

今後、同社は、台湾の包装資材メーカー、アストンマシナリー(AM社)と提携関係にあり、実質的に現地法人という位置付けで発足。まだ資本関係はないものの、3月に増資することに伴いAM社が資本参入し、出資比率の20%を確保するという。

つぶやく
関連ニュース
セFSC(森林管理協議会)認証紙を活用した什器に順次切り替え/セブン‐イレブン・ジャパン
セ「アスタリフト」環境への取り組みを強化 レフィル対応容器「スマートレフィル(R)」を共同開発/富士フイルム
セ資源リサイクルに最適なアルコール飲料向け液体紙容器2タイプを開発/大日本印刷
関連ワードで検索
容器パッケージ緩衝材
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
3.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.自己の血液で作る即効型次世代注入剤「PPP」を治療メニューに導入
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO