健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

日健栄協 / 2005年度トクホ市場規模6299億円と発表


[2006/03/08]

日健栄協は、2005年度トクホ市場規模が2003年度比11.1%増の6299億円(メーカー希望小売価格ベース)となったと発表した。 保健の用途別にみると、金額が大きく伸びたものは中性脂肪・体脂肪関連で、246億円増(2003年度比38.6%増)となった。これは、主要品目である食用油が伸び続け、さらに茶飲料などの上市があったことが要因。次いでチューインガムが中心の歯関連が156億円(同19.4%増)増加した。 最も伸び率が高かったのはコレステロール関連で、同100.7%増の114億円の増加となった。食用油のほかに半固形状ドレッシング(マヨネーズタイプなど)の伸びが寄与した。次いで伸び率が高かったのは血圧関連で、同67.7%増の60億円の増加であった。新関与成分の品目の上市による増加が著しいのが理由である。 逆に、血糖値関連は44億円減(同16%減)、整腸関連は96億円増(同2.8%増)と微増になった。 流通販路別市場構成は、スーパー・デパートが42.3%と圧倒的で、戸配32.8%が次いだ。 表示認可・承認の状況としては、2004〜2005年にトクホの表示許可を受けた食品は171品目に上り、保健の用途別では整腸56件、コレステロール34件、血圧26件、血糖値23件などであった。 2004〜2005年の新関与成分としては、血圧で「わかめペプチド」、「GABA」、「ノリペンタペプチド(AKYSY)」、「酢酸」、「ゴマペプチド(LVY)」、整腸で「LC1乳酸菌」、「コーヒー豆マンノオリゴ糖」、「ビフィズス菌Bb-12」、歯で「緑茶フッ素」、コレステロールで「ブロッコリー・キャベツ由来のSMCS(天然アミノ酸)」などがある。

つぶやく
関連ニュース
セ「記憶力」に効果的な香りを新たに開発 認知症予防にも期待/ファンケル
セ仏コスメティックバレー*(Cosmetic Valley)に事業所を開設〜化粧品原料、植物由来の有効成分の拠点として展開〜/エボニック
セ10/20 機能性表示食品の届出情報(EPAチャージ グレープフルーツ味/EPA・DHA《日本水産》)等 [ 追加9製品 / 合計1,137製品 ]を公表/消費者庁
ソ今週のアクセスランキング
1.「マジックマッシュルーム」でがん患者の絶望感を緩和
2.「マジックマッシュルーム」でがん患者の絶望感を緩和
3.クレアボーテ / 「ベルサイユのばら入浴料」が4種合わせて累計22万個販売の人気に
4.ライフサポートに対する景品表示法に基づく措置命令等について/消費者庁
5.平成25年度における景品表示法の運用状況及び表示等の適正化への取組/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO