健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

医薬品メーカーからシリンジ組み立てラベラーへの引き合い続々


[2010/01/22]

シリンジ(注射筒)組立・ラベリング装置でこれまでに約30の実績を持つ光洋自動機(横浜市港北区)へ、毎分100本、最大処理能力では毎分300本まで可能なシリンジ組立ラベラーの引き合いが医薬品メーカーから相次いでいる。これはサーボモーターによるトルク管理に加え、画像処理システムの搭載により、シリンジの決められた位置に正確に1個1個チェックしながらラベリングできるという同社独自の「ミニキーパーシステム」の採用が評価されたことが大きな理由の一つにあげられる。

通常のシリンジ組立ラベラーは、サーボモーターでトルク管理が行われているが、同社の場合、サーボモーターによるトルク管理と、ミニキーパーもよるトルク管理のいずれかを選択できることから、ユーザー側には大きなメリットとして受け入れられている。

また、ロールラベルから切断して直接ラベリングする方式ではなく、ロールラベルを切断後に一枚一枚ごとに移送ドラム(バキューム方式)に受け渡し、その段階でラベルを画像で検査し、不良のラベルであれば、そのラベルを除去する。一般的なロールラベルから切断して直接ラベリングする方式では、シリンジや薬剤に問題がなくても、ラベルが不良であれば、製品そのものまで不良品として排除されるが、同社のドラム方式ではラベルを検査し、ラベルが不良であれば製品に貼られる全段階で除去されるので、ラベルのトラブルで製品が不良品になるといった問題はなくなる。

移送ドラムでラベリングするメリットは、シワにならずに貼れるという利点も。ラベルに問題がなくても、シワがある状態で製品に貼られると、後工程で製品に問題がなくても不良品として扱われてしまう。ドラム式はそうした問題も解決した。

内容物がワクチンのシリンジ組立ラベラーでは国内シェア9割を誇る同社は、この3月にも新たなシリンジ組立ラベラーを発表するとしている。

つぶやく
・関連ニュース
資生堂と生分解性ポリマーPHBHを用いた化粧品容器共同開発を開始/カネカ
楽に絞れるチューブ型パッケージ「チューブなパウチ」を開発/凸版印刷
世界包装機構「ワールドスター賞」受賞/キユーピー
・関連ワードで検索
容器パッケージ医薬品
・今週のアクセスランキング
1.化学合成用マイクロ波加熱装置による乳酸重合を初めて実現
2.グリスリン 多のう胞性卵巣症候群(PCOS)での特許を登録 日本、アメリカ、カナダ3か国で特許が成立/サン・メディカ
3.C型肝炎でパーキンソン病リスク上昇の可能性
4.店舗とネット通販をつなぐ美容の物販サービス「ONE&O」を開始/ファヴールマルシェ
5.美容医療業界初!厳選美容整形クリニック予約サイトオープン
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO