健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

医薬品メーカーからシリンジ組み立てラベラーへの引き合い続々


[2010/01/22]

シリンジ(注射筒)組立・ラベリング装置でこれまでに約30の実績を持つ光洋自動機(横浜市港北区)へ、毎分100本、最大処理能力では毎分300本まで可能なシリンジ組立ラベラーの引き合いが医薬品メーカーから相次いでいる。これはサーボモーターによるトルク管理に加え、画像処理システムの搭載により、シリンジの決められた位置に正確に1個1個チェックしながらラベリングできるという同社独自の「ミニキーパーシステム」の採用が評価されたことが大きな理由の一つにあげられる。

通常のシリンジ組立ラベラーは、サーボモーターでトルク管理が行われているが、同社の場合、サーボモーターによるトルク管理と、ミニキーパーもよるトルク管理のいずれかを選択できることから、ユーザー側には大きなメリットとして受け入れられている。

また、ロールラベルから切断して直接ラベリングする方式ではなく、ロールラベルを切断後に一枚一枚ごとに移送ドラム(バキューム方式)に受け渡し、その段階でラベルを画像で検査し、不良のラベルであれば、そのラベルを除去する。一般的なロールラベルから切断して直接ラベリングする方式では、シリンジや薬剤に問題がなくても、ラベルが不良であれば、製品そのものまで不良品として排除されるが、同社のドラム方式ではラベルを検査し、ラベルが不良であれば製品に貼られる全段階で除去されるので、ラベルのトラブルで製品が不良品になるといった問題はなくなる。

移送ドラムでラベリングするメリットは、シワにならずに貼れるという利点も。ラベルに問題がなくても、シワがある状態で製品に貼られると、後工程で製品に問題がなくても不良品として扱われてしまう。ドラム式はそうした問題も解決した。

内容物がワクチンのシリンジ組立ラベラーでは国内シェア9割を誇る同社は、この3月にも新たなシリンジ組立ラベラーを発表するとしている。

つぶやく
関連ニュース
セ環境負荷を低減した新パッケージに刷新「い・ろ・は・す 天然水」を発売/コカ・コーラシステム
セ食品用器具及び容器包装の規制に関する検討会(開催案内)/厚生労働省(生活衛生・食品安全部)
セ新素材営業本部を新設〜CNF、ミネルパなど、事業化推進・拡販へ新体制〜/日本製紙
関連ワードで検索
容器パッケージ医薬品
ソ今週のアクセスランキング
1.犬用健康補助食品「『ペットラボ』皮ふ健康サポート」を新発売/アサヒカルピスウェルネス
2.ココナッツジャパン株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
3.睡眠時無呼吸のセルフケア
4.加齢の指標「テロメア」測定事業に進出 スペインのライフ・レングス社と合弁会社設立/山田養蜂場
5.ダイエットサポート飲料「コバラサポート グレープフルーツ風味」を発売/大正製薬
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO