健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ホンダトレーディングがナットウキナーゼ供給で記者会見


[2006/03/01]

本田技研工業(株)の100%出資子会社である(株)ホンダトレーディング(本社東京都千代田区、斉藤敏雄社長)は28日、納豆に含まれる機能性成分であるナットウキナーゼの原料供給を開始し、健康食品市場に参入したと都内のホテルで記者発表した。売上目標は、国内だけで初年度2億円、3ヵ年で7億円を目指す。さらに、同社のネットワークを生かし、米国を始めとする世界に販売していく考え。 同社のナットウキナーゼは、ナットウキナーゼの発見者で第一人者である倉敷芸術大学・須見洋行教授と共に工業化に向けた研究開発を行ったもの。さらに同社では、ナットウキナーゼの構造に関する特許(特許第2119017号)を取得し、「本物のナットウキナーゼを提供していく」(同社機能性食品グループ・齋藤丈介主任)という。原材料は国内で調達、液体培養法で精製している。同社の斉藤社長は、「世界人類の健康のために有効な製品の拡販に努めたい」とグローバルな展開を強調した。 発表会では、須見教授が納豆及びナットウキナーゼの血栓溶解効果について解説。脳血管疾患の70%は脳血栓によると強調した。 ナットウキナーゼは納豆の酵素で、275個のアミノ酸から成るタンパク質。経口投与しても活性を持続したまま腸内に到達する。 なお、同社では、食品事業のほかに設備機械事業、二輪車・四輪車の部品事業、非鉄金属事業、合成樹脂事業、鉄鋼事業、木材など天然材料事業など幅広く手がける。

つぶやく
関連ニュース
セスキューバダイバーは歯の健康に注意
セ健康維持のために心がけるべきこと
セ米ガイドライン、60歳以上の降圧薬処方基準を緩和
ソ今週のアクセスランキング
1.機能性表示食品「アラプラス 糖ダウン」発売/SBIアラプロモ
2.東京大学との連携協定締結について/東洋新薬
3.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
4.東京大学との連携協定締結について/東洋新薬
5.ヴィーナスモードのテレビ放送が2011年1月よりスタート
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO