健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

シールレス自立袋を発表


[2009/12/16]
シールレス自立袋を発表

こだま産業(埼玉県草加市)は、独自の製袋加工技術を駆使し、新たなスタンディング袋製品を開発し、本格的な提案活動に乗り出した。これまで見られたスタンディングタイプの袋とは異なり、両サイドにシールがないのでエッジが出ずソフトなイメージを訴求できるところが最大の特長。ジッパー付き、ジッパーなしなど用途に応じて選択も可能なことから、今後食品はもちろん幅広い需要の獲得に向け営業展開を繰り広げていく構えだ。

同社が開発した新型パウチの名称は「SBパウチ」で、スリーブボトムパウチの略。つまり円筒型(スリーブ)の自立袋を意味しており、「今までの自立袋の常識を覆すニューデザインのパウチ」と同社では位置付け、シールレス、フレキシブル、エコロジカルの3つの要素を取り入れ製品開発されている。

とりわけ“シールレス”では、胴体が1枚のフィルムで作られており、両サイドにシールがなくエッジが出ず、ソフトなイメージを訴求できる。また袋全周に切れ目なく印刷が入れられるのでデザイン性がアップし、内容物に応じて底部分をボトムシールにしたり、自在に袋形状を変化させることや、ジッパー付き、ジッパーなしなどに対応が可能。

用途は、お茶、コーヒー、粉物、お菓子など食品他、幅広く活用が期待できる。

袋両サイドにシール部分がないので手に持った感触も良好で、同等の内容量のスタンディングパウチに比べフィルム使用量も少なく“エコロジカル”な特性を発揮できることから同社では、今後さらに営業活動を本格化する考えだ。

同社は、品質精度の高い製袋加工に取り組み、関係需要家筋で高い評価を得ている。業務効率の向上には徹底した取り組みを行い、品質管理面では軟包装衛生協議会(JFPHA)から「準認定工場」の認可を受けるなど、厚い信頼が寄せられている。「製袋加工に関することなら、こだま産業にお任せください」として、一段と加工技術の進化に取り組む考えを示している。

つぶやく
・関連ニュース
環境に配慮した食品容器とトレーでの分別回収とリサイクルの実証実験を日比谷音楽祭で実施/大日本印刷
資生堂と生分解性ポリマーPHBHを用いた化粧品容器共同開発を開始/カネカ
楽に絞れるチューブ型パッケージ「チューブなパウチ」を開発/凸版印刷
・関連ワードで検索
容器パッケージ
・今週のアクセスランキング
1.新シリーズ「ネイルホリック 24_7」を発売/コーセー
2.1/18 機能性表示食品の届出更新(カガエ イヌリン/イヌリン《薬日本堂》)等[追加8件 / 合計1,719件]/消費者庁
3.10/17 機能性表示食品の届出情報(おいしいコラーゲンドリンク<ピーチ味>/コラーゲンペプチド《森永製菓》)等[追加6件 / 合計1,528件]/消費者庁
4.不妊治療で生まれる子の健康転帰が向上
5.7/31 機能性表示食品の届出情報(GOLDAY(ゴールデイ)/ローズヒップ由来ティリロサイド《日水製薬医薬品販売》)等[追加3製品 / 合計1,412製品]/消費者庁
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO