健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

タリカの目元専用シートが累計20万個に


[2006/02/24]

タリカの目元専用シートが累計20万個に
(株)ワイ・ビー・ジー・インターナショナル(本社千葉県浦安市、ガルニエ・ブルーノ社長)の販売する「タリカ」ブランドの目元専用シート「アイセラピーパッチ」の販売数が、2001年12月の発売以来、2006年2月22日現在で累計20万個に達した。 「アイセラピーパッチ」は、医療現場で外科手術による縫合手術の跡に薬品を浸透させるために使用されていた、ゼラチン状に有効成分を固めてシートに塗布した“ポリマージェルシート”を採用している。この有効成分を含有したシートを皮膚に置くことで浸透させる技術は、パリ国立病院と米国のある大学病院が共同開発した。 使用方法は、化粧水を使用した後に約30分間、目の下に貼り付けるだけ。週2〜3回の使用を推奨している。なお、シートの特質上、洗えば3回程度使用することができる。 配合成分である、細胞間脂質に限りなく近いセラミド3が肌のキメを整え、潤いを与え、ふっくらした肌に導く。サフラワーオイルとアボガドオイルが肌を保湿し、ビタミンEを多く含む小麦胚芽オイルが血行を促進し皮膚の老化を予防する。さらに、シア脂が肌を鎮静し保護、ローズヒップオイルが美白、老化防止、細胞賦活などを行う。 同社によると、「目の下には毛細血管が集まっているが、目の疲れなどで静脈の流れが悪くなる。これが、目袋の腫れやクマの原因になる。シートによって、老廃物の滞りをなくして解決をはかる」(同社営業企画・太田香子氏)という。 小ジワについては、パリ国立大学院で「アイセラピーパッチ」を使った臨床試験を行っている。アジア人を含む18〜65歳の女性112人のうち、約 30分の使用で103人が改善されたという結果が出ている。ユーザーからの声で最も多いのは、「透明感が出た」というもの。同社では、「角質層が保湿されたのではないか」(同)とみている。 主な販路は、直営を含むエステサロン。ほかに美容整形外科、通販会社などで展開している。今後は大阪、福岡などに直営店を出店していくほか、航空会社の機内販売、コンセプトの合うエステサロンなどに拡販する考え。バラエティショップやドラッグストアには卸さない方針だ。 価格は、ケース付き6袋入りが税込み5670円、6袋のレフィルが税込み5040円。

つぶやく
・関連ニュース
自販機で乳児用液体ミルクを発売〜24時間購入可能〜/江崎グリコ
ナカノスタイリングから追加アイテム(ジェル・スプレー)を新発売/中野製薬
資生堂と生分解性ポリマーPHBHを用いた化粧品容器共同開発を開始/カネカ
・今週のアクセスランキング
1.ランナーは寿命が長い、ただし過剰なランニングは心臓に有害
2.簡単・もちもち・栄養up! カナダ産オーツ麦から生まれた「ライスオーツ」を新発売/スタースーパーフーズ・インターナショナルジャパン
3.アイスタイル / 人気クチコミサイトのリアル店舗「@cosme store」がオープン
4.デアコスメティックス / 「デアサス ピート・リフティング・パック」の累計販売数が1万8000本に
5.全自動迅速同定・感受性測定装置ライサス(R) S4を発売/日水製薬
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO