健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

持田ヘルスケアが真菌(カビ)と細菌をW洗浄するソープ発売


[2006/02/24]

持田ヘルスケアが真菌(カビ)と細菌をW洗浄するソープ発売
持田ヘルスケア(株)(本社東京都新宿区、柏直輝社長)は、このほど真菌(カビ)と細菌をダブルで洗い流す医薬部外品のリキッドソープ「コラージュフルフル液体石鹸」を発売した。 従来の医薬部外品の石鹸は、細菌を殺菌する成分“トリクロサン”が含有されているものだったが、同製品はさらに日本で初めて真菌(カビ)を洗い流す成分“硝酸ミコナゾール”を加えた。 真菌(カビ)には、水虫の原因となる白癬菌を始め、でんぷう菌、カンジダといった皮膚疾患を引き起こすものがある。ブーツなどで足が蒸れた状態が続いたり、ジムやプールでほかの人の足跡に接したり、ペットに触れたりした時や、梅雨時に繁殖しやすいという。特に、肌についた水虫菌は早ければ24時間で皮膚に入り込むため、24時間以内に洗い流すことが予防・再発防止につながる。 同社が、「コラージュフルフル液体石鹸」による洗浄部位と「“硝酸ミコナゾール”未配合石鹸」による洗浄部位を、それぞれ真菌用培地に押し当て、 14日間、27℃で培養したところ、「コラージュフルフル液体石鹸」の培地では「未配合石鹸」に比べ真菌がほとんど繁殖しなかったことが分かっている。 また、すすいだ後も皮膚に抗真菌活性が期待できる“硝酸ミコナゾール”の残存が確認されたという。抗菌力は高いが、無香料・無色素で低刺激性なのも特徴だ。 同社では、皮膚科医の意見から、真菌の1つであるフケ原因菌を抑えるために“硝酸ミコナゾール”配合のシャンプー&リンスをすでに商品化しているが、体や手を洗う時にも応用できると考え、今回ソープを商品化した。 販路は、薬局・薬店、ドラッグストア、百貨店、調剤薬局などで、説明販売を行ってくれるところ。ほかに、皮膚科医で資料やサンプルを配布している。

つぶやく
関連ニュース
セ男性型脱毛症と低身長に遺伝的な関連
セ3/22 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉[日清ファルマ]等 追加3製品を公表)/消費者庁
セハラール製品の輸送を実施 宗教洗浄した鉄道コンテナを利用/日本通運(日通)
ソ今週のアクセスランキング
1.パパイヤ葉使った健康茶を新発売
2.汗が過剰に出る理由は?
3.東日本大震災にともなう上場企業の被害状況を発表
4.扁桃やアデノイド摘出術後の症状を和らげる
5.植物由来型PETボトルを導入
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO