健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

セルフ市場も苦戦強いられる,「中価格」から「低価格」へシフト


[2009/12/02]

セルフ化粧品市場は2008年までの5年間ほど、 横ばい状態が続いた。

ただ、 百貨店の販売不振が続く中、 セルフ化粧品市場の中心的な役割を担うドラッグストアでも、 化粧品が苦戦を強いられている状況がうかがえる。

経済産業省が発表した1〜9月累計の化粧品出荷統計によると、 金額は7・4%減、 個数が4・5%減となり、 もはや販路の垣根を越えて化粧品市場全体に逆風が吹き荒れているといえそうだ。

某ドラッグチェーンの社長によると、 化粧品の苦戦は 「昨年11月から顕著になり、 百貨店の顧客がドラッグストアに流れるという不況時によくあるケースが、 今回の不況には該当せず、 スキンケアでは単価下落に加え、 購入ライン数の減少も目立ち、 メークアップも落ち込んでいる」 という。

化粧品市場の縮小要因として、 セルフ市場における 「中価格帯」 から 「低価格帯」 へのシフトが進んでいることは、 一般的に指摘されているが、 それを裏付ける発言といえる。

それでも、 矢野経済が発表したドラッグストア各社へのアンケート調査によると、 化粧品を 「重点分野」 と位置づけるドラッグストアは多いようだ。 専用カウンターを設けて美容部員によるカンセリングを実施する 「ビューティ特化型」 店舗の開店も目立っている。

ただ、 やはり肝心なのは 「商品力」 だ。 前出の社長は 「財布事情が厳しい中で、 それでも買いたいと思わせるブランドの投入も少ない」 と嘆く。

メーカーや小売、 卸が消費者起点に立った売場づくり・商品づくりをより一層推進することによる、 今後のセルフ市場の巻き返しに期待したい。

つぶやく
関連ニュース
セ「中国科学院華南植物園」と化粧品原料の共同開発を開始/コーセー
セ化粧品事業に本格参入/万田発酵
セ薬用化粧品「リンクルショット」海外で発売開始/ポーラ
関連ワードで検索
卸流通化粧品セルフ
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.資生堂と閉鎖環境でのストレスに関する共同研究を実施/JAXA
3.『毒出し 酵素玄米ダイエット』を出版/主婦の友社
4.コーヒーやセックス、スモッグなどが心臓発作の誘因に
5.大腸がんの位置が患者の生存率を左右する
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO