健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

2L大型PETボトル入で国内最軽量化実現へ


[2009/11/16]
2L大型PETボトル入で国内最軽量化実現へ

国内清涼飲料ブランド大手のサントリーから来年度以降、ミネラルウォーター「天然水」の2リットル大型PETボトル入で、国内最軽量タイプが登場する。“持ちやすさ”などボトルのユーザビリティや強度はそのまま、容器形状を一部見直し、現行で最軽量とされる「38c」を上回る軽量化が実現する見込みだ。九州地区を皮切りに、全国へ拡大する。

CO2排出削減も視野に近年、大型PETボトルでの“軽量化競争”が、大手飲料ブランド各社で活発。まず05年にキリンビバレッジが「キリン生茶」などに2リットル容量で42cのPETボトル「ペコロジー」を開発。08年にはサントリーが「サントリー天然水(奥大山)」に同容量で40cタイプを、また09年にはコカ・コーラシステムがミネラルウォーター「森の水だより」専用パッケージに同38cの「eco(エコ)るボトル ラク持ち」を開発している。現行では「eco(エコ)るボトル ラク持ち」が国内最軽量とされる。

これらの軽量PETボトルは、座屈強度を持たせるため胴体部分の四隅に“柱”を持たせるか、“ばね構造”とするものに大別される。また、持ちやすさなどのユーザビリティを考慮し、「指スポット」を設けるものもある。

このような中でサントリーは、同社従来製品同様に「指スポット」を残しつつ“ばね構造”の特性を生かした強度アップを検討、現行最軽量の「38c」を上回る軽量化へのめどを付けた。

なお同社は、2リットル6本セットで外装を段ボール箱からフルシュリンクへ切り替えるなど、物流全体での環境対応にも意欲的に取り組み、「エコクリア包装」として今年4月、一部地域向け「サントリー天然水(阿蘇)」2リットルPETボトルに導入。これは来年度以降、他商品への展開を予定している。国内“最軽量”2リットルPETボトルもミネラルウォーター商品からの導入が予想され、同社がトータルで進める包装の環境対応に一層の弾みが付く期待は大きい。

つぶやく
関連ニュース
セ乳酸菌飲料「毎日飲むヤクルト」セブン&アイグループで販売/ヤクルト本社
セ1日1缶の炭酸飲料で糖尿病前症リスクが上昇
セFSC(森林管理協議会)認証紙を活用した什器に順次切り替え/セブン‐イレブン・ジャパン
関連ワードで検索
容器飲料最軽量
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
3.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.秋の新色を限定発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO