健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

お湯を注ぐと膨らむ断熱容器


[2009/11/13]
お湯を注ぐと膨らむ断熱容器

東罐興業(東京都千代田区)は、新断熱紙容器「HMC(ホットマジックカップ)」を開発し、販売している。

同容器は同社開発のシュリンクフィルムを容器胴部のスリーブ内面に巻き付け、容器に注いだ熱湯の熱で、そのフィルムが収縮し、紙スリーブが変形するというもの。熱湯を注いだ後、取手が浮き出してくる。

従来の紙コップ形状の断熱容器は容器と胴部のスリーブの間に空隙を作るもので、例えば容器内の温度が90度ほどあれば、胴部の温度は65度程度となり、手で持つと少し熱く感じる温度であった。

同容器では容器胴部から紙スリーブが完全に浮いた状態になるため、容器内の温度がどれほど高くとも手に感じる温度は一定している。

そのほかにも、従来の断熱性容器は、容器と外スリーブの角度が異なるためスタッキング時に外スリーブが容器の内側面と接触し、ブロッキングしてしまうという問題点があった。スタッキング性が悪いと輸送コストが増加し、ブロッキングによっては食品メーカーで食材を充填する時に容器の切り離しが上手くいかず生産機にトラブルを発生させる原因ともなった。

同容器(スタッキングは従来の断熱性容器の約3分の1)はこれらの問題点をすべて解消する。

フィルムの収縮によって、お湯を入れると容器が変形するという“驚き”もこの容器の特長で“マジック”という名に相応しい。出展した展示会の反響も高く、海外を含めて多くの引き合いを受けているようだ。

特に、カップ胴部を手で包むように持つ習慣がある欧米圏での需要が見込まれるため、海外の展示会などへの出展も検討している。

つぶやく
関連ニュース
セ食品用器具及び容器包装の規制に関する検討会(開催案内)/厚生労働省(生活衛生・食品安全部)
セ新素材営業本部を新設〜CNF、ミネルパなど、事業化推進・拡販へ新体制〜/日本製紙
セランニングは変形性関節症の発症を遅らせる
関連ワードで検索
容器断熱変形
ソ今週のアクセスランキング
1.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
2.健康食品開発の米社に出資/電通ベンチャーズ
3.6/19 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉 脳内αディーエイチシー])追加1製品を公表/消費者庁
4.機能性表示食品のサプリメントウォーターを2種発売/キリンビバレッジ
5.抗菌剤として特許取得のホタテパウダー使用のインソール『抗菌ソールEX』を新発売/スプレンダーISO
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO