健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

コンパクト充填システムを開発


[2009/11/11]
コンパクト充填システムを開発

液体充填システムなど各種省力化装置を展開するメイワ(和歌山県紀の川市)は、ボトルの洗浄・充填・打栓・キャッピングという一連の工程を一人のオペレーターのみで行えるボトリングシステムの新製品「セル生産対応充填システム」を開発した。システムのダウンサイジング化を追求したほか、柔軟な品種切換え対応力を確保する本体構造などを特長とし多品種少量の充填現場向けに最適な仕様となっている。

飲料をはじめドレッシングや醤油といった多品種小ロット対応が求められる調味料関連のほか化粧品・トイレタリー分野など今後幅広い方面で需要を取り込む公算は大きい。

新製品はボトル洗浄から液体の充填、キャッピングまでの一連の工程をコンパクトにまとめたセル生産対応の自動充填システム。充填・キャッピング工程に加え空ボトルの洗浄ラインなどをコンパクトに一体化し、オペレーター一人で一連のボトリング作業が行える仕組み。

システムにはボトルを自動でつかみトラック状のチェーンコンベアで洗浄や充填などの各工程を搬送する独自の容器搬送機構を搭載。容器サイズの変更などが部品交換なしで対応でき、煩雑に品種切換えが発生する多品種少量生産のラインで優れた機能性を発揮する。

サーボ制御による安定した高精度のピストン充填を実現し液体から高粘体まで幅広い充填が可能。またドレッシングや調味だれなど2液充填も行える。

大型液晶パネルによる容易な操作設定で一連の作業が実行できオペレーターの効率作業を支援。処理能力は500ミリリットルで最大毎分15本となっている。

同社では今後、多品種小ロット生産が求められる調味料関連分野などを中心に拡販を展開。おおむね1200万〜1700万円の価格帯を想定し、初年度5台の受注を見込むとしている。

つぶやく
関連ニュース
セ 高剥離性を付与した細胞培養容器を開発/DIC
セ処方箋薬の小分けカップ自動充填システムで介護を支援/凸版印刷
セ無糖茶・コーヒーなどのPETボトル無菌充填ライン稼動へ/サントリーグループ
関連ワードで検索
充填容器パッケージ
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
3.健康食品 電話勧誘販売 LFコーポレーションに業務停止命令(3か月)/消費者庁
4.株式会社ミス・パリ/エステティック業界初 東京大学とミスパリ 共同研究開始
5.イズミヤ株式会社及び株式会社牛肉商但馬屋に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO