健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ジャパン・コーポレーションが洗顔用パフ「バフ・パフ」を発売


[2006/02/22]

ジャパン・コーポレーションが洗顔用パフ「バフ・パフ」を発売
(株)ジャパン・コーポレーション(本社東京都新宿区、峰信碩社長)は、洗顔用パフの「バフ・パフ」の発売を、21日より開始した。普通、ソフト、スーパーソフトの3種類で展開する。 「バフ・パフ」は米国の3M社がライセンスを所有しており、本国では1975年から販売されているロングセラー商品。湿らせたパフ上に洗顔料を泡立てて乗せ、肌を軽くなでるように洗顔を行う。ポリエステルの不織布でできており、角質や汚れを絡めとりやすいのが特徴。泡を肌と本体の間に閉じこんで密着させ、繊維が汚れや毛穴のつまり、古くなった角質を取り除く。同社・工藤義和営業部長は「日本では泡洗顔の人気が高くなっているが、泡だけでは汚れをしっかり落しきれない場合がある。週に何度かのスペシャル・ケアとして、『バフ・パフ』を使用した泡洗顔を提案している」とする。 以前の販売時には普通タイプのみだったが、今回はソフトとスーパーソフトの2品が追加された。繊維の太さと、繊維の密度で固さを調整している。本国では普通タイプが主力だが、先行発売したバラエティショップの売行きデータではスーパーソフトの人気が高い。「日本ではデリケートさを好み、米国ではある程度の使用感を重視する。国民性の違いではないか」(工藤部長)とみている。また、パッケージなどの色の違いも影響していると考えられる。 販売はバラエティショップのほか、ドラッグストアや量販店など。売り場提案として、洗顔フォームと並べて陳列することを勧める。 年間販売目標は10万個。過去には年間40万個の販売実績がある。初回は1万個を出荷した。価格は1個650円(税別)。

つぶやく
関連ニュース
セ2017 F/W トレンド予測 スーパーフードランキング TOP10 【モバイルスーパーフード】が続々登場/日本スーパーフード協会
セ介護ストレスをためないために
セインドネシアの自然派食品「モリンガ」等 3製品を新発売/協同食品
ソ今週のアクセスランキング
1.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
2.健康食品開発の米社に出資/電通ベンチャーズ
3.「パロアッスル」抗肥満作用の新知見を発表/IHM
4.キムチ由来の植物性乳酸を化粧品用途でも本格展開
5.抗菌剤として特許取得のホタテパウダー使用のインソール『抗菌ソールEX』を新発売/スプレンダーISO
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO