健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

フラバンジェノールの活性酸素消去作用を確認


[2009/11/05]

(株)東洋新薬(本社:福岡県福岡市、本部:佐賀県鳥栖市、代表取締役:服部利光)は、フラバンジェノール(R)のROS消去作用を確認し、第16回日本未病システム学会学術総会(2009年10月31日(土)〜11月1日(日)、大阪市、千里ライフサイエンスセンター)において発表した。

フラバンジェノールは、同社の独自素材で、フランス南西部ランド地方を主体に植林された海岸松の樹皮から抽出される機能性素材。オリゴメリック・プロアントシアニジン(OPC)を主成分としたポリフェノールを豊富に含み、抗酸化作用や血流改善作用など様々な生理活性を示すのが特徴となっている。

今回同社は、神奈川歯科大学 李昌一教授との共同研究により、フラバンジェノールのROS〔注1〕に対する影響を検証し、in vitroおよびin vivoにおいて、ROSを消去する働きがあることを確認した。

同社は、これまでにもフラバンジェノールの抗酸化作用における作用機序を解明してきたが、今回新たに体内の酸化を引き起こす原因のひとつと言われるROSについての作用を確認した。

フラバンジェノールの活性酸素消去作用を確認

■ 発表骨子

電子スピン共鳴(ESR)法〔注2〕を用いて、フラバンジェノールによるROS消去作用を測定した。

スーパーオキシドアニオン〔注3〕とヒドロキシラジカル〔注4〕を使い試験を行った結果、フラバンジェノールはROSを消去していることが確認された。また、紫外線を照射し体内にROSを発生させたマウスを用いて試験を行った結果、フラバンジェノールが生体内のROSを消去していることが確認された。

〔注1〕 ROS

スーパーオキシドアニオンやヒドロキシラジカルなど、様々な活性酸素の総称。普通の酸素分子よりも活性化された状態の酸素分子のことで、老化やがん化を促進すると考えられている。ROSとはReactive oxygen speciesの略称。

〔注2〕 電子スピン共鳴(ESR)法

ROSを測定する際によく用いられる試験方法。ESRとはElectron Spin Resonanceの略称。

〔注3〕 スーパーオキシドアニオン

ROSの一種。

〔注4〕 ヒドロキシラジカル

ROSの一種。活性酸素の中で最も反応性が強いといわれている。

つぶやく
関連ニュース
セ『フラバンジェノール(R)』のステロイド外用療法による副作用軽減作用を臨床試験により検証/東洋新薬
セオリジナル成分「SGフラバンジェノール」など配合した飲料を発売/ポーラ
セフラバンジェノールの塗布による美白作用を臨床試験で確認/東洋新薬
関連ワードで検索
フラバンジェノール活性酸素消去
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
3.エステティック ミスパリより、足痩せサプリ発売
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.業界初の紫外線吸収剤不使用のUVカット下地クリーム発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO