健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

世界最小の飲料容器を開発


[2009/10/28]
世界最小の飲料容器を開発

日本紙パック(東京都千代田区)は、世界最小のレンガ型アセプテック容器「NS‐FUJIウルトラスリム」を開発し、販売している。

今回、新しく開発されたのは容量が65、85ミリリットルの2種類で、正確に表現すれば65ミリリットルの容器が世界最小となる。

今後、ますます増えていくであろう高齢者、消費者の健康・ダイエット志向などに配慮した製品で、小容量で健康機能のある飲料の小量摂取に適している容器として期待がかかる。

事実、病者用も含め、高齢者など少量食品市場は年々増加傾向にあり、同容器を必要とする層は広がってきていると言える。自社にとっては大きな追い風を受けている状況だ。

従来、機能性飲料容器はビンなどが主であったが、ビンで飲む姿に抵抗を感じる女性などにとっては、同容器はうれしい発明。同社もターゲットとして意識している。

そのほかにもアセプティック充填なので中身の風味を壊さず充填することができることや、単純に容器コストの削減も可能になる。

10月から大手飲料メーカーより、機能性飲料容器として販売されており、100ミリリットルを切る少量容器市場として新たな開拓を目指す。

つぶやく
関連ニュース
セダイエットとリバウンドの繰り返しは高齢女性の心臓に悪い
セFSC(森林管理協議会)認証紙を活用した什器に順次切り替え/セブン‐イレブン・ジャパン
セ「アスタリフト」環境への取り組みを強化 レフィル対応容器「スマートレフィル(R)」を共同開発/富士フイルム
関連ワードで検索
ダイエット容器パッケージ
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
2.ワイルドローズの優美な香りのバスソルト「クナイプ グーテバランス バスソルト ワイルドローズの香り」発売
3.鶴ヶ島市 ふるさと納税 返礼品で好評の「サフラン配合コスメ」製造販売を開始/フッカーコスメチックス
4.皮脂バランスが整っていない人向けの美容クレンジングリームを新発売
5.診療困難な「うつ病・双極性障害」にも対応/三田こころの健康クリニック
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO