健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

高速PETボトルEB滅菌システム開発


[2009/10/21]
高速PETボトルEB滅菌システム開発

澁谷工業(石川県金沢市)は、新たな構想による、高速処理が可能な電子線滅菌方式の「飲料用PETボトルEB無菌充填システム」を開発した。独自開発の電子線発生装置を搭載し、500ミリリットルボトルで最大毎分800本の高速処理を実現したもので、今後同システムの販売は順次新型に切り替えていくとしている。

同社は平成18年に世界で初めて、電子線滅菌による「飲料用PETボトルEB無菌充填システム」を開発し、すでに国内外で実績を持つが、ここにきて市場環境の急速な変化に伴い、より高速なシステムが要望されている。PETボトルの無菌充填システムの要求能力は、これまで500ミリリットルボトルで毎分600本が主流であったが、現在では毎分800本以上が要求されている。大型や小型ボトルの兼用も増えている。

加えて、PETボトルの形状も多様性に富むようになり、形状によっては電子線の透過性が劣り滅菌処理速度が上げられないケースも発生しているという。

今回開発のPETボトルEB滅菌システムは、500ミリリットルボトルで最大毎分800本の高速処理が可能。高速処理を可能とするため、次のような対応を図っている。

まず、既存の電子線発生装置の仕様では、高速化のニーズに柔軟に対応できず、そのため同装置では、同社が新たに独自開発した電子線発生装置を搭載している。この新型電子線発生装置は、加速電圧やビーム電流を増大することにより、処理能力や適用範囲の拡大を実現している。

次いで、従来のEB滅菌システムはPETボトルを電子線照射部に2回通過させる構造であったが、同装置では、1回通過でボトル全域が滅菌できる構造となっている。

今後のPETボトルEB滅菌システムの販売は、新型に順次切り替えていく予定であり、搭載する電子線発生装置については、従来の発生装置と新開発の自社製発生装置を、ユーザーのニーズにマッチさせながら選択使用していく予定としている。

つぶやく
関連ニュース
セ環境配慮型ユニバーサルデザインボトル「ハンディ・エコボトル」アサヒ飲料が採用
セ植物由来素材の次世代型PETボトルが世界へも拡大
セ植物由来の「プラントボトル」がついに日本新登場
関連ワードで検索
PETボトル滅菌
ソ今週のアクセスランキング
1.健康経営に優れた上場会社22社「健康経営銘柄」を発表/経済産業省
2.ライフサポートに対する景品表示法に基づく措置命令等について/消費者庁
3.薬事法施行規則第12条第1項に規定する試験検査機関について/厚生労働省
4.株式会社タカショーに対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
5.ライフサポート「ダイエット食品【消費者庁の措置命令に基づく公示】」/国民生活センター
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO