健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

全日本空、植物原料のBP製カップを日・亜ラインで採用


[2009/10/15]
全日本空、植物原料のBP製カップを日・亜ラインで採用

全日本空輸(ANA)は、環境活動においてもリーデイングエアラインを目指しているが、ANA機内で、10月初旬よりバイオポリマー「INGEO」製飲料用カップを採用した。米・ネイチャーワークス社と共同で、ANAが運航する4年目となる環境フライトキャンペーン「E-FLIGHT」の一環としてこのカップが企画・開発されたもので、航空会社とバイオプラ原料メーカーとの新たな展開として注目される。

この飲料カップは、植物を原料とするネイチャーワークス社の「INGEO」(インジオ)バイオポリマーから作られている。「INGEO」は毎年再生可能な植物から作られ、その製造工程では、石油由来プラスチックに比べて、より少ないエネルギーを使用し、二酸化炭素の排出量も少なくなる。

一方、ANAは2006年に最初の「E-FLIGHT」を開始した。この社会的認識を高める取り組みとして、4年目となる2009年では、「人と地球を考える」をキャッチフレーズに、地上や機内を中心とした商品・サービスのエコ化の促進、環境活動の見える化を図ることを目的に、「INGEO」製カップ、軽量化を図ったPETボトル入りワイン、カーボンオフセットといった環境配慮型のサービスや製品を中心に提供している。

「INGEO」バイオポリマーカップは、このキャンペーンの中で、10月5日頃より、国内線の全線と国際線の成田-シンガポール線エコノミークラスで順次提供されている。

ANAグループは全社を挙げて航空機燃料の消費削減に取り組んでおり、2011年末までに国内線でのCO2排出量の大幅な削減目標を定め取組んでいる。加えて、多くの森林や海の環境保全プロジェクトに深く携わるなど、環境活動において先進的な取組みを進めている。

これらの活動が評価され、2008年11月に日本の環境省より運輸業界で初めて「エコ・ファースト企業」に認定された。

つぶやく
関連ニュース
セFSC(森林管理協議会)認証紙を活用した什器に順次切り替え/セブン‐イレブン・ジャパン
セ北海道産ハスカップを使用した炭酸飲料を北海道限定で発売/ポッカサッポロフード&ビバレッジ
セ「アスタリフト」環境への取り組みを強化 レフィル対応容器「スマートレフィル(R)」を共同開発/富士フイルム
関連ワードで検索
エコカップ容器パッケージ
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
3.ヴィーナスモードのテレビ放送が2011年1月よりスタート
4.クラウドファンディングで機能性食品開発サポート
5.ヘアを蘇らせる”炭酸トリートメント”機器を美容室向けに新発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO