健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

森谷健康食品がモリヤウィッキーのバルク供給拡大


[2006/02/08]

森谷健康食品(株)(本社東京都杉並区、森谷龍一社長)は、今年、キャベツの原種であるスクマウイキから作った健康食品「モリヤウィッキー」のバルク供給を拡大する。現在、販売しているのはフリーズドライタイプだが、今春に冷凍ペースト、今秋にAD(熱風乾燥した粉)のバルク供給に乗り出す。フリーズドライタイプは、栄養価が最も保たれるが、価格が高いことが拡販のネックになっていたため、価格を下げた冷凍ペーストとADを売り出すことで、新規顧客を取り込む。 「モリヤウィッキー」は、(1)栄養価が高く、バランスが取れている、(2)ケールに比べると味にクセがなく、水に溶かしてドリンクとして飲むだけでなく、アイスクリーム・ホットケーキ・パン・うどん・ソバ・スープ・カレー・餅に混ぜるなど多方面の利用が考えられる、(3)原料のスクマウイキは、群馬県の有機JAS認定の契約農家で育てられている――などの特徴が挙げられる。栄養バランスが整い、豆乳に混ぜるなどして飲むと腹持ちすることから、代替食品としてダイエットに用いることもできる。 ビタミン、ミネラルが豊富であるため、高価な動物性食品の摂取が困難なアフリカの人々は、スクマウイキをビタミン、ミネラルの摂取源としていたという。特にケールと比較すると、亜鉛とビタミンKの含有量が高い。亜鉛は、栄養機能食品の表示範囲にも含まれ、パワーや精力を出すミネラルとして注目されている。ビタミンKは、カルシウムの吸収を助けるので、妊婦が摂った方が良いといわれている。 フリーズドライタイプは、2年前から販売しており、年間5tの販売実績がある。冷凍ペースト、ADに関しては、現在安全性を確認している最中だという。同社では、冷凍ペーストは、フリーズドライタイプよりはるかに味が美味しいとしている。

つぶやく
関連ニュース
セ2017 F/W トレンド予測 スーパーフードランキング TOP10 【モバイルスーパーフード】が続々登場/日本スーパーフード協会
セ介護ストレスをためないために
セインドネシアの自然派食品「モリンガ」等 3製品を新発売/協同食品
ソ今週のアクセスランキング
1.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
2.健康食品開発の米社に出資/電通ベンチャーズ
3.抗菌剤として特許取得のホタテパウダー使用のインソール『抗菌ソールEX』を新発売/スプレンダーISO
4.キムチ由来の植物性乳酸を化粧品用途でも本格展開
5.貿易部、オーガニック食品部を設立。原料販売の拡販、オーガニック食品の需要に本格対応/テルヴィス
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO