健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

”目ぶくろ”に着目したアイケアシステム


[2009/08/28]
”目ぶくろ”に着目したアイケアシステム

エイボン・プロダクツ()(東京都新宿区、テレンス・ムアヘッド社長)は、独自の複合成分を配合したスキンケアブランド「ミッション エクラ ドール」より、クリームとバームで目もとをトータルケアする「ミッション エクラ ドール コントゥアリング アイシステム」を新発売する。販売は92日からで、自社ネットショップ、直営販売店などで販売する。

同製品は、目もと全体にふっくらとハリをもたらす「昼夜兼用クリーム」、下まぶたの年齢ライン、たるみを集中ケアする「夜用バーム」のダブル効果で若々しいハリのある目もとを目指すシステム。2種類のアイケアの最適の組み合わせで、デリケートなポイントを昼夜途切れることなくトータルケアする。

「目もとは年齢とともに筋力が衰え、眼球の重みを支えきれなくと、脂肪が押し出されます。その結果、目の下に“目ぶくろ”と呼ばれるふくらみができます。当社はこれが老けた印象を与える原因と着目し、朝昼兼用のクリームと夜用バームのダブルのアプローチで若々しい目もとを目指しました」と同社では説明する。

朝昼兼用のクリームには、保湿成分の各種混合植物エキスを配合。肌にうるおいを与え、ハリを取り戻す。夜用バームには、目の下のたるみ、ラインに潤いを与える保護成分、レチノール誘導体を配合。睡眠中に効果的に働きかけ、ゆるんだ目の下の肌を引き締める。

また、両製品ともに配合されるプロサーチュインTX(植物エキス・アミノ酸・ペプチド混合物)は、同社研究開発センターが7年の歳月を費やして開発した独自成分で、加齢ダメージを知らない肌を目指す。

使用ステップは、朝は日焼け止めの前にクリームを適量とり、上下まぶたから目の周りを全体にやさしくなじませる。夜は、朝と同様にクリームを塗った後、バームを下まぶたのみにやさしく重ね塗りする。

なお、「ミッション エクラ ドール」は、美しく年齢を重ねる女性をサポートするエイジングスキンケアブランド「ミッション エクラ」のプレミアムライン。エクラとはフランス語で輝き、栄誉、壮麗。ドールはフランスで金、の意味。大人の肌だけが放つ、つやのある美しさを最大級に輝かせることができるよう名付けられた。

製品の税込価格は8,200(クリーム15g、バーム2.5g)

つぶやく
関連ニュース
セ「デマレ ラグジュアリーCCクリームUV」を発売 サロン、ディーラーへの拡販を本格開始/デライト
セすみだ水族館とコラボ ハンドクリームのイベントを開催/ポーラ
セエルシアから医薬部外品の美白クリームを発売/コーセー
関連ワードで検索
アイケアクリームバーム
ソ今週のアクセスランキング
1.白肌が似合う有名人はアノ新婚美女が3年連続1位
2.真っ黒な竹炭スムージー!?『チャコールクレンズ』他、スーパーフード原料使用の新製品発売/ファイン
3.メイプロインダストリーズ / 丸紅との資本提携で原料および米国市場で販売している健康食品を世界のマーケットに拡販
4.ファイテン独自技術の素材に関する医科学的な研究成果を発表
5.油性造影剤での卵管造影が不妊治療に有用
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO