健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

大豆を使ったメタボ予防食の実用講座


[2009/08/24]
大豆を使ったメタボ予防食の実用講座

2009824日、都内で「第1回大豆主原料の栄養機能食品を使った料理教室!」が開催された。ドクターズキッチンを手がける「東京フードシアター5+1」と糖質制限栄養食品協会によるコラボ企画で、単なる料理教室にメタボリックシンドローム予防食のメカニズム解説が加わった、実用的な料理セミナーとなった。

最初に糖質制限栄養食品協会理事長でソイコム社長の是安義徳氏が、講演。「生活習慣病の原因の一部は糖質と考えられ、糖質を制限することがその予防と改善に重要です。特にいままでの主食は糖質がメーンとなっており、その対策が検討されていました。大豆は、その代替食として非常に優れている」と解説した。

大豆を使ったメタボ予防食の実用講座

続いて、「東京フードシアター5+1」総括監修顧問の原靖氏が、ソイコム社の国産大豆100%の麺「ビゴーレ麺」を使用した「ビゴーレ麺の小エビ入りジェのベーゼ」を紹介。手軽にできる糖質制限食として、味にもこだわったメタボ予防食として、提案した。

糖質制限協会栄養食品協会会員認定講座でもある同講演の初回を終えた是安理事長は「今後、月一度のペースで開催していきたい。全部で20回くらいを目安に資格を取得できる講座として考えている。栄養士や調理師はもちろん、主婦の方まで幅広い方に受講いただいて、万病の元であるメタボ予防の役に立てていただきたい」と話した。

「東京フードシアター5+1」の原氏は「多くの人が、病気ではない段階だからなのか、メタボに対する自覚がない。この企画を通じ、しっかり自覚を持ってもらい、将来的には各人の体の状況に応じたパーソナルヘルスケアの一環として、その人にあった食事を選択できる土台作りにできれば」と展望を語った。

大豆を使ったメタボ予防食の実用講座

同イベントでは今後、協力企業を募りながら、メタボ予防食のバリエーションを増やし、糖質制限食の普及啓蒙を進めていく。また、当面は食事代以外は無料だが、将来的には、有料化にし、会員化を図る予定という。

つぶやく
関連ニュース
セ「データヘルス・予防サービス見本市 2016」申込受付開始/厚生労働省
セ認知症予防が今後のトレンド〜ブレンドアロマをPB商品として供給〜/アルファーポイント
セ自殺予防に役立つ「物理的な」戦略
関連ワードで検索
メタボ予防大豆メタボ予防食
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
2.ワイルドローズの優美な香りのバスソルト「クナイプ グーテバランス バスソルト ワイルドローズの香り」発売
3.鶴ヶ島市 ふるさと納税 返礼品で好評の「サフラン配合コスメ」製造販売を開始/フッカーコスメチックス
4.皮脂バランスが整っていない人向けの美容クレンジングリームを新発売
5.診療困難な「うつ病・双極性障害」にも対応/三田こころの健康クリニック
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO