健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

”ニーム”配合の基礎化粧品、ロゼットから発売


[2006/02/03]

”ニーム”配合の基礎化粧品、ロゼットから発売
ロゼット(株)(本社東京都品川区、西海枝仁社長)は1日、インドで用いられてきたハーブであるニームを配合した「レッツ・ニーム 洗顔フォーム」「レッツ・ニーム モイストローション」の発売を開始した。 ニームは熱帯地方で自生、栽培される樹木で、特にインドにおいては伝統医学・アーユルヴェーダで、歯磨きやマッサージオイル、虫さされ薬などの様々な用途で使用されるほか、肥料や除虫剤としても用いられている。衣食住への応用が可能なため、環境問題を解決する素材としても世界的に注目を集めている。日本でも昨年行われた愛知万博で紹介、12月には食薬区分で食品としても認可された。 「レッツ・ニーム」に配合されているのはニームの葉のエキス。エキスにはフラボノイド(ケルセチン、イソクエルシトリン、イソミリシトリンなど)やニンビン、ニンビディンが含まれているため、ヒスタミン遊離抑制による抗炎症作用を持つ。また、メラニンの生成抑制効果もあり、くすみや毛穴の黒ずみを改善などが期待できる。美白効果については、アルブチンやコウジ酸より高いことが認められている。 「モイストローション」は保湿力を高めるため、ヒアルロン酸、β-グルカン、PCAソーダなどを配合。また、アーユルヴェーダに基づきパシャンデ(ユキノシタ科)などの植物エキスを組み合わせている。「洗顔フォーム」はゴマ油を配合し、洗顔時に潤いをとり過ぎない。どちらもアーユルヴェーダをイメージしたパッケージデザインで、香りもフローラルとオリエンタルなイメージの、やさしい“フロオリエンタル”に仕上げた。 同社では「日本でもニームの良さを広く認知して欲しいという願いを込めて、『レッツ・ニーム(Let’s NEEM)』と命名した」といい、NPO法人日本ニーム協会の「インド・ブッダガヤ・ニーム植林事業プロジェクト」に協賛、売上金の一部を植林費用として寄付する。西海枝社長によると「コンセプトを理解し、賛同する小売店からの引き合いもある」という。 販売はバラエティストアやドラッグストア、スーパーなどで行う。11日のランキンランキン全店での取り扱いからスタートし、今月終わりから3月にかけての棚替えにあわせて、その他の店頭に並べられる予定。

つぶやく
関連ニュース
セ新商品『サーモ・シェイプ(R)Deep』発表会を開催/リツビ
セ貿易部、オーガニック食品部を設立。原料販売の拡販、オーガニック食品の需要に本格対応/テルヴィス
セ卵殻カルシウムがヒトの骨量を増加させることを確認/キユーピー
ソ今週のアクセスランキング
1.『雪肌精 MYV コンセントレート トリートメント』発売/コーセー
2.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
3.薬事法施行規則第12条第1項に規定する試験検査機関について/厚生労働省
4.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
5.インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示に対する要請について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO