健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ファンケルが「第29期定時株主総会」を開催


[2009/06/20]
ファンケルが「第29期定時株主総会」を開催
(株)ファンケル(神奈川県横浜市、成松義文社長)は2009620日、横浜アリーナ(横浜市)で「第29期定時株主総会」を開催した。株主やその同伴者など、3,206人が出席した。

年々増加する出席者に対応し、今年から会場を横浜アリーナに移して開催された日本最大規模の株主総会。同社製品のファンから投資家など多くの株主が足を運んだ。

開かれた総会を目指す同社は、大会場をフルに活用し、さまざまな展示イベントを開催。骨量測定や同社の歴史をテーマにした展示、グループ企業の活動について、などのブースを構え、株主とのコミュニケーションを図った。また、同社製品の特別価格での販売コーナーも設けられた。

ファンケルが「第29期定時株主総会」を開催

同社の平成213月期の売上高(連結)は、前期比1.4%減の980400万円、営業利益は前期比107%減の666,600万円、純利益は前期比27.9%減の266200万円。化粧品関連事業こそ主力製品のリニューアルなどにより好調に推移したが、栄養補助食品関連事業やいいもの王国通販事業などが不振で足を引っ張る形となった。

世界不況などの影響もあり同社にとって厳しい1年となったが、成松社長は、平成223月期に創業30周年の節目を迎えることもあり「この状況をピンチではなくチャンスと捉え、引き続き顧客視点の徹底と高収益体質への転換を図るとともに新しい事業・価値創造の具現化を目指していく」と株主を前に、力強く語った。

ファンケルが「第29期定時株主総会」を開催
質疑応答では、アジアにおける経営資源の投入状況、店舗における外国人観光客への対応、発芽玄米・いいもの王国など赤字事業の今後のビジョンなどについて質問が飛んだ。総会終了後には懇親会が行われ、青汁や発芽玄米を使った料理などが振舞われたほか、同社製品を使ったデモンストレーションが行われるなど、会場は和やかなムードに包まれていた。
つぶやく
関連ニュース
セシンガポールにおけるスキンケア化粧品の販売開始について/第一三共ヘルスケア
セブラジル化粧品市場に初進出/コーセー
セヨーロッパ初の研究拠点「 研究所 フランス分室 」 をリヨンに設置/コーセー
関連ワードで検索
ファンケル化粧品健康食品
ソ今週のアクセスランキング
1.株式会社村田園に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
2.次世代ヘルスケア店舗を展開/マツモトキヨシHD
3.製薬業界向け、医薬品等申請書作成・支援サービス「OpenTrusty(TM)」を開発 /日本ユニシス
4.天然植物由来の洗浄成分に加え、オリーブ葉エキスを配合し、ローズ・ジャスミンの香りをプラスした全身シャンプーを発売/岩谷産業
5.医薬品成分を含有するいわゆる健康食品の発見について/厚生労働省
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO