健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

マルサンヘルスサービスの「甘酒礼賛」300%達成


[2006/01/27]

マルサンヘルスサービスの「甘酒礼賛」300%達成
マルサンヘルスサービス(株)(本社東京都荒川区、徳山高光社長)の販売する甘酒「甘酒礼賛」の2005年12月度の売上高が対前年同月比300%を達成した。伸長した要因は、新たに食品宅配会社「ヨシケイ」やお茶会社「金子園」のカタログに掲載されたことと、宣伝講習販売会社で本格的に販売されたため。今年3月までには10万本の販売が達成できそうな見込みだという。 「甘酒礼賛」の特徴は、もともと栄養素が豊富な甘酒に、糖化発酵した発芽玄米を加えることでGABAを含有させたほか、野生種のだったんそばを加えることでルチンを含有させた点。これらによって、血液がサラサラになり降血圧作用が期待できるが、発酵させることでさらに成分の消化吸収が高まるという。また、本品は、発酵学の権威である東京農大の小泉武夫教授の推薦品でもある。 小泉教授によれば、麹菌で発酵させた甘酒は、ブドウ糖が20%入っているほか、総合的にビタミンとアミノ酸が入った、現代医学に置き換えると病院で行う栄養剤の点滴に匹敵するものだという。また、江戸時代には死亡率の高い夏に、夏バテ防止の栄養ドリンクとして飲まれていた。 360ml〜450mlのお湯を加えてかき混ぜながら、沸騰させて飲む。甘いおかゆのような味わいになっており、ダイエットで食事代わりに摂ったり、ヨーグルトと合わせて便通を良くする人もいる。ノンアルコールなので、大人から子供まで飲むことができる。価格は360g・350円。 同社は、健康食品・自然食品の卸し会社で、マルサンアイ(株)の豆乳・味噌の販社としてスタートした。仕入れ商品も幅広く扱うが、オリジナル商品の開発も行っている。「甘酒礼賛」もオリジナル開発商品の1つ。

つぶやく
関連ニュース
セ化粧水ミストのような使用感の花粉対策スプレーを発売/アース製薬
セ医薬品と食品の相互作用に注意
セ子どもの習う「武道」と外傷リスク
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
3.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.自己の血液で作る即効型次世代注入剤「PPP」を治療メニューに導入
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO