健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

葛の花エキスの抗肥満作用メカニズムを確認


[2009/06/01]

(株)東洋新薬(本社:福岡県福岡市、本部:佐賀県鳥栖市、代表取締役:服部利光)は、葛の花エキスTMの抗肥満作用メカニズムを確認し、第63回日本栄養・食糧学会大会において発表した。

葛はマメ科のつる性植物で、乾燥させた根が漢方薬の原料として葛根湯などに使用されている。葛の花エキスは、葛の花部から抽出して製造される機能性食品素材で、イソフラボンとサポニンを特徴成分として含んでいる。

同社は今回、京都大学農学研究科 河田照雄教授、並びに武蔵野大学薬学部 油田正樹教授との共同研究において、葛の花エキスの抗肥満作用メカニズムをin vivoで確認した。

第63回日本栄養・食糧学会大会(2009年5月20日(水)〜22日(金)、長崎市茂里町ブリックホール、長崎新聞文化ホール、長崎文化放送(NCC)ホール)で、その結果を発表した。

■研究概要

葛の花エキスの抗肥満作用メカニズムを確認

7週齢の雄性C57BL/6Jマウスに葛の花エキス(PTE)を添加した高脂肪食(HF-PTE群)を14日間自由摂取させ、高脂肪食のみを与えた群(HF群)と比較した。

その結果、HF群と比較してHF-PTE群に有意な体重増加抑制、および内臓脂肪蓄積抑制がみられた。さらに、HF-PTE群において、HF群と比べて褐色脂肪細胞中のβ3-AR、並びにUCP-1のmRNA発現量が有意に増加した。

このことから、葛の花エキスの抗肥満作用機序として、褐色脂肪における熱産生系の亢進が一因となっていることが示唆された。

同社では、今後も葛の花エキスの機能性をさらに解明し、肥満対策商品の開発に注力していく、としている。

つぶやく
・関連ニュース
大豆イソフラボン摂取で筋萎縮を軽減(東工大と共同研究)/ニチモウバイオティックス
葛の花由来イソフラボンを機能性関与成分とする機能性表示食品の販売事業者16社に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
「TBC イソフラボン+ビタミンE ざくろ&ぶどう」を発売/森永乳業
・関連ワードで検索
抗肥満 葛の花エキスイソフラボンサポニン内臓脂肪蓄積抑制
・今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.1日11時間以上座る人では死亡リスクが40%以上増大
3.エボニック、アクゾノーベルと電解質膜事業を開始/エボニック ジャパン
4.ストレスチェック義務化に対応したメンタル対策強化支援サービスを開始/キヤノンマーケティングジャパン
5.日本初の”体形百貨店”をオープン
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO