健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

改正薬事法施行を前に「売れる環境」サポートする販促サービスを本格スタート


[2009/04/10]
改正薬事法施行を前に「売れる環境」サポートする販促サービスを本格スタート
J&Tプランニング(東京都渋谷区、市川純子社長)は、製品メーカーを主要対象とする「売り場起点コミュニケーションサービス」を本格スタートした。すでに大手企業4社からの受注が決まっている。

同サービスは、「売れる環境づくり」を分析から販促までワンストップでサポートするもの。化粧品・機能性食品などのPR業務に軸足を置きながら、モニターや市場調査なども手がける同社のノウハウを集約した、一歩踏み込んだ販促サポートとなっている。

「今年6月の改正薬事法施行によりドラッグストアなどの店頭では陳列方法を変更する必要があり、メーカーはこれまでに以上に店頭で売れる商品づくりとコミュニケーションの見直しを迫られています。そうした中で、その戦略立案等においてどこに相談すればいいのか、というメーカー側のニーズは高まると予測しています。このサービスはそういったニーズに応えるものとして、施行を前に本格的に提供を始めました」と同社市川社長は、その背景を説明する。

改正薬事法施行により、店頭では一般医薬品はリスク別に第1類、第2類、第3類に3分類され、それに応じた陳列の必要に迫られる。その結果、店頭での陳列には"制約"が生まれ、従来通りの棚割りが困難となる。そうなるとパッケージも含めた商品戦略いかんによっては、売り上げの足を引っぱりかねない状況がでてくる。

「改正薬事法施行を前に各メーカーも製品リニューアルなどの動きが活発のようですが、こういう状況下ではメーカー側の視点だけではその見極めが非常に難しい。私どもでは、これまでのノウハウに加え、売り場調査、売り上げ分析などを行った上で、作り手や売り手、さらに買い手など、さまざまな視点から製品コンセプト作りに始まり効果測定、PR、発売後の消費者動向、さらに店頭で売れるパッケージやネーミングまで一緒に作り上げていきます。ですので、軸がぶれる事はありませんし、コスト面でも効率的で無駄がありません」(市川社長)。

同社ではさらに必要に応じ、ドクターや専門省庁のインタビューを実施するなどし、PR会社としての域を超えたメーカーのサポートを実施。改正薬事法施行後のニーズ増大もにらみ、今年度中に同サービスで10社の受注を目指す。
つぶやく
関連ニュース
セブラジルにおける化粧品素材事業について/住友商事
セ台湾におけるスキンケア化粧品の販売開始について/第一三共ヘルスケア
セDIC 子会社サンケミカル社の化粧品顔料が、天然系化粧品の欧州統一基準「COSMOS」認証を取得/DIC
関連ワードで検索
健康食品化粧品改正薬事法販促支援
ソ今週のアクセスランキング
1.健康食品の電話勧誘販売している3事業者に業務停止命令(3か月)/消費者庁
2.7/11機能性表示食品の届出情報(いちょう葉エキス《インシップ》)等追加7製品を公表/消費者庁
3.米国のティーン、5割超が「性経験なし」
4.しめつけ感軽減と巻きやすさを向上した血圧計が発売
5.ダイエットサポート飲料「コバラサポート グレープフルーツ風味」を発売/大正製薬
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO