健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

メタボリックが代替食品で売上10億円を目指す


[2005/12/12]

メタボリックが代替食品で売上10億円を目指す
(株)メタボリック(本社東京都渋谷区、西田幸子社長)は、ダイエット向け代替食品「メタボリック スリムプログラム」について、今後、医療機関やエステサロンに拡販をはかるほか、来春をメドに新しい味を作り、飲み方のプラン提案などを行うことで、2月から期末の8月までで売上高10億円を目指す。 この商品は、食事と代替することでカロリー制限するもの。1食・280kcalの低エネルギーでありながら1日に必要な12種のビタミン・11種のミネラル量の約半分をカバーでき、脂肪燃焼を促進するL-カルニチン、テアビゴ(カテキンの中でもEGCGを90%以上含有する新成分)、カフェインも使用している。食物繊維は12000mg(約レタスなら6個分)も配合した。アミノ酸スコアは100で、良質な蛋白質を摂ることができる。 さらにドリンクとモチモチと噛み応えのあるバーを組み合わせたことも大きな特徴。同社では、代替食品が継続できずにリバウンドしてしまう要因は、食事の満足感がないためだと考え、咀嚼するバーを採用した。難消化デキストリン9500mgを入れていることも満腹感を生む要因だ。また、そのダイエット効果及び安全性については、芝パレスクリニック、CROの総合健康開発研究所に依頼し、オープン試験を実施しエビデンスを揃えている。 開発には2年半要したが、最も時間がかかったのは味だという。モニターアンケートなどを反映し、継続できる味の商品開発を行った。 現在の販路は、推奨販売を行えるドラッグストア、インターネットや雑誌などの自社通販、QVCのテレビショッピングなど。 価格は3食分で3800円(税抜)と12食分で1万3500円(税抜)。味は、バーがパンプキン味、緑茶味、チョコナッツ味、ドリンクがバニラ味、ココア味、ストロベリー味。9通りの組み合わせで味を楽しめる。 同社では、「お客様が喜んでいただけるようなおいしく、かつ体感のある商品を上市した」(石川道生常務取締役)と自信を見せている。

つぶやく
関連ニュース
セインターネットにおける康食健品等の虚偽・誇大表示に対する要請について(平成 28 年4月〜平成 29 年3月)/消費者庁
セ4/28 機能性表示食品の届出情報(うるうるシリーズ 玉ねぎスープ[ファイン]等 追加2製品を公表)/消費者庁
セ米ぬか酵素処理物の血圧降下作用と新しい血圧降下ペプチドを学会発表/サンスター
ソ今週のアクセスランキング
1.健康経営に優れた上場会社22社「健康経営銘柄」を発表/経済産業省
2.ライフサポートに対する景品表示法に基づく措置命令等について/消費者庁
3.薬事法施行規則第12条第1項に規定する試験検査機関について/厚生労働省
4.家庭用医療機器 訪問販売業者に業務一部停止命令/消費者庁
5.ライフサポート「ダイエット食品【消費者庁の措置命令に基づく公示】」/国民生活センター
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO