健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

常磐植物化学研究所が「ベネトロン25」の販売を強化


[2005/12/12]

常磐植物化学研究所が「ベネトロン25」の販売を強化
(株)常磐植物化学研究所(本社東京都中央区、立崎隆社長)は、同社製品「べネトロン25」の販売先拡大を計画している。今年7月には、専用ホームページを立ち上げ、通信販売を開始したが、販社からの反響も多く、今年の食品開発展ではメインで訴求。現在、製品説明をしっかり行える薬局などに販路を拡大する考え。初年度の売上目標は3億円。 同社では、タリム盆地原産の植物であるラフマから抽出した機能性素材・ベネトロンRを開発し、当初は原料供給のみを計画していた。しかし、自社ブランドの製品化に踏み切った理由として、同社営業部・佐藤剛課長代理は「原料としての反響は高かったが、新素材ということで複合素材としての使用を望む企業が多かった。当社では、ベネトロンRそのものを広く認知させたい。そのために、ベネトロンRをメイン成分とする最終製品『ベネトロン25』を商品化した」と話す。当面はバルク販売をする予定はなく、自社製品として育てていく予定だが、「販売方法や企画内容などに当社が関与できる条件であれば、製品化して供給することも視野に入れる」と話している。 ベネトロンRの原材料となるラフマは、現地では茶葉として用いられてきた。しかし、茶の中には抽出されず茶殻に残る成分を抽出し、ヒペロサイドとイソクエルシトリンを規格化、このエキスに抗うつ作用などの効果を認め、2001年に米国で特許を取得した。同社では、このオリジナル開発原料を東洋発のメンタルハーブと位置づけている。 有効性としては、独ミュンスター大学で行われたラットによる強制水泳試験(ラットを逃避不可能な水槽内に投じ、逃げ出すことをあきらめて活動停止状態になる時間を測定する)で抗うつ作用を確認した。これによると、5分の試験時間内で、何も投与しないコントロール群の活動停止状態が3分間だったのに対し、ベネトロンR15mg/kg投与群では約1分まで短縮した。これは、抗うつ薬イソプラミンとほぼ同等の時間だった。一方、同じくメンタルハーブとして有名なセントジョンズワートでは、活動停止状態にある時間がコントロール群の半分に短縮するのに、ベネトロンRの約16倍量である250mg/kgの投与が必要だった。 その他の実験としては、今年9月の和漢医薬学会で、高架式十時迷路試験(マウスを、側壁のない高架の通路を歩かせることで、不安に対しての耐性を測定する)によって抗不安作用が示唆されたとする試験結果を発表。現在も、フロリダ大学や徳島大学との共同研究が継続され、米国内では軽度のうつ病患者に対する臨床試験も行われている。薬物相互作用に関しても、同じくメンタルハーブとして有名なセントジョンズワートが薬物の吸収を阻害し、薬が効かなくする作用があるのに対し、ベネトロンRではそういった作用がないことが確認されている。 「ベネトロン25」は1瓶120粒入りの錠剤タイプ。9,800円(税込)。

つぶやく
関連ニュース
セサロンの空席をパウダールームに。シェアサービス「AirPowder」提供開始/ニフティ
セ薬用育毛剤(医薬部外品)をアスタリフトから発売/富士フイルム
セ12/8 機能性表示食品の届出情報(ライ麦食パン[イオントップバリュ]等 追加3製品を公表)/消費者庁
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
3.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.三重県産の本真珠を溶かし込んだ美容酢
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO