健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

日本薬学会で食品安全フォーラムを開催


[2005/12/05]

11月28日、日本薬学会健康食品レギュラトリー部会による食品フォーラムが東京都・日本薬学会長井記念ホールにて開催され、国立医薬品食品衛生所・会田幸広氏が「健康食品の表示と実態」として、講演を行った。 会田氏は「キャベツとブロッコリーは同じ種だが、その形態は品種レベルで大きく異なる」と述べた上で、外来の植物などは異なった品種に対して同じ和名が使われている場合があるとし、例として、健康食品で多く使用されているウコンを挙げた。和名のウコンで示すものの中には学名が異なるものが含まれ、その相違を区別するためアキウコン、ハルウコンと呼ばれる。しかし、局方ではCurucma longa(アキウコン)をウコンと規定していると紹介。その他、中国における呼び名との相違が生じる姜黄や俗名シロウコン、ムラサキウコンで同属の植物であるガジュツをなどの呼び名が混在していることを指摘した。 また、会田氏の行った製品の試買調査ではプエラリア含有、またはコンドロイチン硫酸含有と表示のある製品群を分析したところ、本来、含まれるべきであるプエラリア・ミリフィカや硫酸化N-アセチルガラクトサミンではなく、極めて似たものであったとしても、基原が同じでは無い成分が含有されるケースがあったと指摘した。 原料の全形を形態学的に観察できない場合は、基原を鑑別する方法としてDNA鑑別や化学分析を用いることを提案し、「製品を製造、販売する側には虚偽の表示をしない義務がある。そのためには、適した手法によって原材料の基原を確認することが重要」と述べた。

つぶやく
関連ニュース
セスッキリケール青汁 乳酸菌&じゃばらプラスを発売/ファンケル
セ国産イチョウ葉エキスを配合した機能性表示食品を発売/SBIアラプロモ
セ中国ハイプレステージチャネルへの展開強化/ポーラ
ソ今週のアクセスランキング
1.強力な酸分泌抑制薬で骨折リスクが増大
2.麻痺ラットが脳からの信号を受けずに再歩行可能に
3.容器包装の食品衛生法への適合の確認結果について
4.化学療法が女性の不妊をもたらす機序を解明
5.中国の仮想店舗に出店で初の海外展開
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO