健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

甲陽ケミカル、JIHFSの食品原材料GMP取得


[2005/11/21]

グルコサミン、キトサンの原料供給を行う甲陽ケミカル(株)(本社大阪府大阪市、赫太郎社長)の境港工場(鳥取県)は、11日、日本健康食品規格協会(JIHFS)の「食品原材料GMP」の認証第一号企業となった。 同社は、今年2月に新工場を取得したが、3年前の工場設計時からGMP取得を視野に入れていたという。その背景には、(1)顧客に製薬メーカーが増え、受け入れ基準の要望が高くなってきたこと、(2)同社では欧米にかなり輸出を行っているが、最近、中国にGMP対応工場が増え、国際競争力をつける必要が出てきたということがある。 同社の武中大輔取締役は、「甲殻類を扱うので、生ものの衛生管理がGMPでどう問われるのか明確でなかった点が心配だったが、出願して半年以内に認可が下りて、正直、ホッとしている。とはいえ、取得して一段落ではなく、常に良いものを作り続ける継続の努力が必要。それが価値あることだと思う」とコメント。さらに、「自社だけでなく、健食業界全体でGMPを取得して、消費者に一般の食品なみに安全、安心と思っていただけるよう業界のレベルを上げ、足を引っ張る会社が出ないようにしたい」と業界にGMP取得をうながした。 また、同社では来年春までに全社的にISO9000番台の取得を目指した取り組みも行っているという。 なお、同社では国内でグルコサミンのシェアの6割、キトサンのシェアの1/3を獲得しているという。

つぶやく
関連ニュース
セ5/18 機能性表示食品の届出情報(HMBチャージ/3-ヒドロキシ-3-メチルブチレート(HMB)《佐藤園》)等[追加5製品 / 合計1,371製品]/消費者庁
セ植物由来の糖類「パラチノース?」が機能性関与成分の対象に/三井製糖
セ資生堂と共同企画した「マジョリカ マジョルカ ポアバスター」を発売/ドン・キホーテ
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.「ヤクルトの国産ケール青汁」を新発売/ヤクルトヘルスフーズ
3.疲れ目はビジネスにマイナスです
4.歯のクリーニングで肺もきれいに保てる
5.おいしさと満足感を得られる タニタ食堂(R)100kcalデザート 焙煎抹茶ミルクプリンを発売/森永乳業
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO