健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

甲陽ケミカル、JIHFSの食品原材料GMP取得


[2005/11/21]

グルコサミン、キトサンの原料供給を行う甲陽ケミカル(株)(本社大阪府大阪市、赫太郎社長)の境港工場(鳥取県)は、11日、日本健康食品規格協会(JIHFS)の「食品原材料GMP」の認証第一号企業となった。 同社は、今年2月に新工場を取得したが、3年前の工場設計時からGMP取得を視野に入れていたという。その背景には、(1)顧客に製薬メーカーが増え、受け入れ基準の要望が高くなってきたこと、(2)同社では欧米にかなり輸出を行っているが、最近、中国にGMP対応工場が増え、国際競争力をつける必要が出てきたということがある。 同社の武中大輔取締役は、「甲殻類を扱うので、生ものの衛生管理がGMPでどう問われるのか明確でなかった点が心配だったが、出願して半年以内に認可が下りて、正直、ホッとしている。とはいえ、取得して一段落ではなく、常に良いものを作り続ける継続の努力が必要。それが価値あることだと思う」とコメント。さらに、「自社だけでなく、健食業界全体でGMPを取得して、消費者に一般の食品なみに安全、安心と思っていただけるよう業界のレベルを上げ、足を引っ張る会社が出ないようにしたい」と業界にGMP取得をうながした。 また、同社では来年春までに全社的にISO9000番台の取得を目指した取り組みも行っているという。 なお、同社では国内でグルコサミンのシェアの6割、キトサンのシェアの1/3を獲得しているという。

つぶやく
関連ニュース
セ男性型脱毛症と低身長に遺伝的な関連
セ3/22 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉[日清ファルマ]等 追加3製品を公表)/消費者庁
セハラール製品の輸送を実施 宗教洗浄した鉄道コンテナを利用/日本通運(日通)
ソ今週のアクセスランキング
1.汗が過剰に出る理由は?
2.イミュ / アンダーヘア用トリートメントが水着シーズンに向け好調
3.扁桃やアデノイド摘出術後の症状を和らげる
4.東日本大震災にともなう上場企業の被害状況を発表
5.第6回 機能性表示食品制度における機能性関与成分の取扱い等に関する検討会の開催について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO