健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

蜂の子粉末の健康食品をグレードアップ新発売


[2008/11/17]
蜂の子粉末の健康食品をグレードアップ新発売
(株)シンギー(東京都港区、李宝珠社長)は、元祖蜂の子健康食品「バイタルビー」をグレードアップ。パッケージも変更し、11月17日よりリニューアル発売する。ネットショップ、通販、相談薬局などで販売するほか、OEMにも対応する。 同製品は、同社が1997年から発売するロングセラー商品。蜂の子粉末をカプセルに詰めたもので、リニューアル版には1カプセルに約8匹から11匹分の蜂の子が入っている。いまでこそ、蜂の子関連の健康食品が珍しくなくなったが、同製品は「元祖」として安全面・品質などで確固たるポジションを築いている。 グレードアップされたのは、その品質。具体的には、蜂の子粉末の低分子化により、さらなる吸収力のアップが施された。植物の有効成分含有の酵素液を使用し、独自の酵素分解技術で低分子化。ペプチド状態にすることで体内への効率的・短時間での吸収を実現した。 同社の蜂の子は、一般的な移動養蜂ではなく、のどかな山間部での固定養蜂により採取され、汚染物質混入リスクが高いとされる移動養蜂に比べ、安全管理面などに優れる。健康食品GMP認証を取得する天津信誼(シンギー)工場産の安全・高品質な蜂の子粉末原料「ビージソン21」は、同社が信頼の証としてロゴマークを発行、ブランド展開もしている。
蜂の子粉末の健康食品をグレードアップ新発売
蜂の子は、いわゆる蜂のさなぎのことで日本でも昔から長野県など信州地方で特に好んで食され、栄養豊富な動物性タンパク源として珍重されてきた。必須アミノ酸含む18種類ものアミノ酸がバランスよく豊富に含まれる。耳鳴りに有効との臨床結果もあり、さまざまな実験も行われている。 同社では、今回のバージョンアップに追随し、今後積極的に論文発表を行うことなどで、付加価値のある健康食品として、同製品のさらなる拡販を図る。税込の価格は、据え置きの9,975円(383mg×96カプセル)。一日の摂取目安量は3粒から6粒。
つぶやく
関連ニュース
セ資生堂ビューティートレンド研究チームが2017年春夏の街頭トレンドを解説 今季メイクは「ピンクブーム」が熱い!/資生堂
セ通販ブランド『米肌』から、「活潤リフト化粧水」を発売/コーセープロビジョン
セ2017 F/W トレンド予測 スーパーフードランキング TOP10 【モバイルスーパーフード】が続々登場/日本スーパーフード協会
ソ今週のアクセスランキング
1.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
2.健康食品開発の米社に出資/電通ベンチャーズ
3.6/19 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉 脳内αディーエイチシー])追加1製品を公表/消費者庁
4.抗菌剤として特許取得のホタテパウダー使用のインソール『抗菌ソールEX』を新発売/スプレンダーISO
5.キムチ由来の植物性乳酸を化粧品用途でも本格展開
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO