健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

「フラバンジェノール(R)」の美容に対する新たな効果を確認


[2008/10/30]
株式会社東洋新薬(本社:福岡県福岡市、本部:佐賀県鳥栖市、代表取締役:服部利光)の独自素材である「フラバンジェノール」に関し、第60回日本皮膚科学会西部支部学術大会において新たな知見が発表された。 フラバンジェノールは、同社の独自素材で、フランス南西部ランド地方に植林された海岸松の樹皮から抽出される機能性素材。オリゴメリック・プロアントシアニジン(OPC)を主成分としたポリフェノールを豊富に含み、抗酸化作用や血流改善作用など様々な生理活性を示すのが特徴となっている。 第60回日本皮膚科学会西部支部学術大会(2008年10月18日(土)〜19日(日)、ホテルニューオータニ博多)では、同素材に関し、福岡大学医学部皮膚科学教室(教授:中山樹一郎先生)が、フラバンジェノール配合化粧品の継続的使用および同含有タブレット摂取による美容効果に関する発表を行った。また、同学会の美容フォーラムでは、島根大学医学部皮膚科 古村南夫准教授より、「抗酸化ポリフェノール(フラバンジェノール)の基礎と臨床」と題し、講演がなされた。 【研究概要】 福岡大学医学部皮膚科学教室の試験では、顔面皮膚の諸症状を主訴とする成人女性に、フラバンジェノールを摂取、およびフラバンジェノール配合の化粧品を併用させ、使用前後の肌の状態について解析機器を用いて検討。その結果、しみ・くすみの減少が観察された。 また、古村先生の講演では、しみとくすみを主訴とする成人女性に、フラバンジェノール40mg/日を12週間摂取させ、摂取後に皮膚の写真をデジタル画像解析し、メラニンインデックス〔注@〕を算出した結果が発表された。 フラバンジェノールを摂取しない対照群との比較の結果、フラバンジェノール摂取群では、色素斑〔注A〕部のメラニンインデックスが有意に低下した。 このことから、フラバンジェノールを続継的に摂取・塗布することで、しみ・くすみの症状改善を始めとする、美容効果を有することが示唆された。 同社では今後もフラバンジェノールの機能性をさらに解明し、美容市場における新規商品の開発に注力していく、としている。〔注@〕 メラニンインデックス単位あたりのメラニン量で、この数値が高いほど黒色を示す。本試験では、色素斑部のデジタル画像を解析、試験食摂取前の皮膚メラニン量を100%として、12週間後の数値を算出した。〔注A〕 色素斑「しみ」の一種。皮膚にメラニン色素が沈着することで生じる。
つぶやく
関連ニュース
セ2/23 機能性表示食品の届出情報(ぐっナイト/ラフマ由来ヒペロシド、ラフマ由来イソクエルシトリン《フォーデイズ》)等[追加2製品 / 合計1,307製品]/消費者庁
セ機能性表示食品「ブルーベリー」を発売/オルビス
セカロリーコントロールに!サラシアと桑の葉サプリ「ハイパーローカボ」を発売/ECGエステコスメグループ
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
3.自己の血液で作る即効型次世代注入剤「PPP」を治療メニューに導入
4.新設・再生医療用培地製造工場を竣工/日水製薬
5.100円(税抜)のトクホ 炭酸水を発売/セブン&アイ・ホールディングス
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO