健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

新型の腸溶性ソフトカプセルを開発


[2008/10/17]
新型の腸溶性ソフトカプセルを開発
中日本カプセル(株)(本社岐阜県大垣市、山中穰社長)は、腸溶性のソフトカプセル「IS-Capsule」を開発した。食品開発展(17日まで、東京ビッグサイト)より提案を開始した。 同製品は、胃で溶けずに腸で溶けるソフトカプセル。通常のソフトカプセルは皮膜がゼラチン主体で胃酸に対し、易溶性であるため、胃酸によって効果を失う成分や胃の粘膜に刺激を与える成分等を配合する場合、好ましいとはいえなかった。その欠点をゼラチンに胃酸に強い天然成分を練り込むことで解消。腸内でスムースに溶けるよう、調整した。 開発にあたっては、胃の中での滞在時間、腸での溶解、CPの安定性などを考慮し、天然成分の添加比率を試行錯誤。約1年の歳月をかけ、完成にこぎつけた。その結果、日本薬局方(第15局)の崩壊試験に基づいた試験にて、人工胃液中で120分間崩壊せず、人工腸液中で60分の間に崩壊することが確認された。 「従来の方法による腸溶性ソフトカプセルでは、例えばコーティング剤によるものでは均一な層の形成が難しく、強い衝撃に弱く、機能を損なったり、浸漬法と呼ばれるものでは浸漬液に含まれる水分が皮膜に移行し、さらには内容物まで及ぶことで内容物の安定性を低下させる可能性がありました。この製品では、そういった欠点がなく、それでいて従来のカプセルと同等の機能を有しており、さらにコストパフォーマンスにも優れています」と同社・山中利恭常務取締役は説明する。 成分の有効性を引き出せるため同社ではニンニク、魚油等を扱うサプライヤー、健康食品メーカーなどへの提案を図りたい考え。また、同社は、このほかオーダーメイドにてフットボールカプセル型のソフトカプセルに文字やイラストを印字したカプセル「レーザーマーキングカプセル」も提案。主成分等の印字により、クスリとの飲み合わせ、重篤なアレルギー等を未然に防ぐために有効とし、差別化のできる製品として提案する。
つぶやく
関連ニュース
セインターネットにおける康食健品等の虚偽・誇大表示に対する要請について(平成 28 年4月〜平成 29 年3月)/消費者庁
セ4/28 機能性表示食品の届出情報(うるうるシリーズ 玉ねぎスープ[ファイン]等 追加2製品を公表)/消費者庁
セ米ぬか酵素処理物の血圧降下作用と新しい血圧降下ペプチドを学会発表/サンスター
ソ今週のアクセスランキング
1.健康経営に優れた上場会社22社「健康経営銘柄」を発表/経済産業省
2.北欧の森と湖が生んだ”1000歳”の天然美容商材
3.家庭用医療機器 訪問販売業者に業務一部停止命令/消費者庁
4.ライフサポートに対する景品表示法に基づく措置命令等について/消費者庁
5.イズミヤ株式会社及び株式会社牛肉商但馬屋に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO