健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ピクノジェノールの大規模臨床結果を報告


[2008/10/16]
ピクノジェノールの大規模臨床結果を報告
ピクノジェノールの有用性について研究を続ける医学博士で日本補完代替医療学会理事長の鈴木信孝氏が16日、都内で最新の研究となる「ピクノジェノールの月経困難症に対する多施設二重盲検臨床試験」の報告を行った。 産婦人科医でもある同氏が、同素材と出会ったのは約10年前。当時、同素材を含有した試供品等を配る中で「たまたま生理痛にいい、という人が現れ」その秘密を解明すべく小規模な実験から研究をスタートした。今回報告した実験は、対象者が116人の大規模なもので、同氏のこれまでの同素材研究の集大成となった。 「二度にわたるオープンな臨床試験を経て行った今回の実験ではピクノジェノールが月経困難症に対する鎮痛剤の必要量を有意に減少させることが分かり、同素材が西洋現代医学を補完する機能食品として有用であることが実証された。同時に海外で研究が進む同素材の臨床における安全性も海外同様に国内で得られたといえる」と鈴木氏は、今回の研究による成果の意義を説明した。 何らかの月経困難症に悩む女性は全女性の80%といわれ、そのうちの半分が日常生活に支障があるというデータがある。それに伴うQOLの低下による経済損失を金額に換算すると年間3800億円に上るという試算もある。 同素材のメーカーであるホーファーリサーチ社(英国)ビクター・フェラーリ代表は「今回の研究テーマは非常にポピュラーなものであり、反応が大きかった。海外でも様々なメディアで取り上げられ、また試験自体のレベルも非常に高く、今後さらに新しい研究への波及も期待される」と今回の研究成果を高く評価、同素材の今後のさらなる発展に期待を寄せた。 国内で同素材を取り扱うトレードピアの松下祐治社長は「今回の研究結果で有用性とともに安全性も改めて証明されたと思う。今後は、健康食品やサプリメントだけでなく、飲料など一般食品関連にも幅広く展開できれば」と今後の展望を明かした。
つぶやく
関連ニュース
セロシアの製薬企業とロシアにおける医療機器、サプリの販売契約を締結/富士フイルム
セ管理栄養士監修シリーズmatsukiyo LAB「アスリートライン」を展開/マツモトキヨシ
セ5/25 機能性表示食品の届出情報(わたしケア体脂肪/アフリカマンゴノキ由来エラグ酸《エルベ・プランズ》)等[追加3製品 / 合計1,377製品]/消費者庁
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.健康食品 電話勧誘販売 LFコーポレーションに業務停止命令(3か月)/消費者庁
3.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
4.株式会社ミス・パリ/エステティック業界初 東京大学とミスパリ 共同研究開始
5.イズミヤ株式会社及び株式会社牛肉商但馬屋に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO