健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

脂肪燃焼素材シネトロールに脂肪減少の新たな研究報告


[2008/10/06]

脂肪燃焼素材シネトロールに脂肪減少の新たな研究報告
柑橘系フルーツ抽出エキスのシネトロール(R)の脂肪減少に関する新たな研究報告がベルギーの科学誌「フィトメディスン」10月18日号に掲載されることが分かった。シネトロールは、国内ではセティ(東京都千代田区、レジャル・ファビェン社長)が販売する。 実験は、仏研究グループのコンスタンティン・ダラス氏らが実施。ヒトの脂肪細胞にシネトロールを投与し、中性脂肪の分解作用を調べた。その結果、同濃度のカフェインの約2倍の効果を確認した。さらに1日1.4gのシネトロールを12週間投与し、20人のダブルブラインド試験で4週間から12週間チェックしたところ、体脂肪が5.53%から15.6%。体脂肪では2.2kgから5.2kgの減少が認められた。 また、そのメカニズムについて、液体シンチュレーション法で解明。中性脂肪の減少を阻害する酵素「ホスホジエステラーゼ」(PDE)を指標に代表的な脂肪燃焼素材であるカフェイン、シアニジン3グルコサイド、ガラナエキス、カフェインと比較。その結果、シネトロールはシアニジン3グルコサイドと並びPDE阻害活性が97%と高く、中性脂肪燃焼分解の効果があることが証明された。 シネトロールは、これまでにvivo前の予備試験でプラセボ比600%、ガラナのカフェイン12%品に比べ200%の脂肪燃焼効果が明らかになっている。今春より同素材を本格展開するセティでは、この研究報告を受け、同素材のさらなる拡販を図る。

つぶやく
関連ニュース
セ沖縄素材wo化粧品企業が、経産省 地域資源活用事業 県事業者に認定/@more
セ健康研究に対する企業の関与に消費者は懐疑的 ―米調査
セ新潟大学との包括連携協定を食品会社として初めて締結/亀田製菓
関連ワードで検索
脂肪燃焼原料素材シネトロール研究
ソ今週のアクセスランキング
1.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
2.健康食品開発の米社に出資/電通ベンチャーズ
3.6/19 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉 脳内αディーエイチシー])追加1製品を公表/消費者庁
4.抗菌剤として特許取得のホタテパウダー使用のインソール『抗菌ソールEX』を新発売/スプレンダーISO
5.キムチ由来の植物性乳酸を化粧品用途でも本格展開
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO