健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

すいおうの骨粗しょう症改善作用を確認


[2008/09/30]
株式会社東洋新薬(本社:福岡県福岡市、本部:佐賀県鳥栖市、代表取締役:服部利光)は、すいおう(甘藷若葉末)の骨粗しょう症をはじめ、更年期の症状改善作用を確認。日本生薬学会第55回年会(2008年9月19日(金)〜20日(土)、長崎大学文教キャンパス)で発表した。 すいおう(甘藷若葉末)は、サツマイモの一品種である「翠王(すいおう)」の茎と葉をまるごと粉砕し、粉末化した同社独自素材。「翠王」は、サツマイモの茎葉特有のえぐみや苦味が少ない茎葉利用品種で、ポリフェノールを豊富に含むのが特徴となっている。 今回、同社は、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構九州沖縄農業研究センター機能性利用研究チーム長 吉元誠氏と共同で、すいおう(甘藷若葉末)の継続的摂取による、骨粗しょう症をはじめ更年期の症状改善作用をin vivoで確認した。【研究概要】手術によって卵巣を摘出した雌ラット〔注(1)〕に、すいおう(甘藷若葉末)を2.0%配合した普通飼料を21週間自由摂取させ、骨密度〔注(2)〕および内臓脂肪重量を測定(甘藷若葉末群)。なお、対照として、すいおうを配合していない普通飼料を自由摂取させた群(コントロール群)を設けた。
すいおうの骨粗しょう症改善作用を確認
その結果、甘藷若葉末群において、コントロール群と比べて骨密度の減少が抑制される傾向にあった。また、内臓脂肪重量のうち、腸間膜脂肪〔注(3)〕重量が有意に減少した。 このことから、すいおう(甘藷若葉末)を継続的に摂取することで、骨粗しょう症をはじめとした、閉経後の女性にみられる諸症状に対して効果を有することが示唆された。同社では、今後もすいおう(甘藷若葉末)の機能性をさらに解明し、女性の更年期対策商品の開発に注力していく、としている。〔注(1)〕 卵巣を摘出した雌ラット卵巣を摘出することにより卵胞ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少するので、閉経後の状態を擬したラットとなり、骨密度減少や内臓脂肪蓄積などを呈する。〔注(2)〕 骨密度骨を構成するカルシウムなどのミネラル分がどれくらい詰まっているかを示す指標。〔注(3)〕 腸間膜脂肪内臓脂肪の1つで、メタボリックシンドロームに関する腹部中央に蓄積する脂肪。腸間膜は腹膜の一部を指し、腹腔(腹膜で覆われる空間)内の腸管を包み吊り下げている膜のことをいう。
つぶやく
関連ニュース
セレチノールに着目したエイジングケア美容液を発売/ノエビア
セ中身がスルッと流れ落ちる容器を開発/キユーピー
セ第4回Tie2・リンパ・血管研究会における研究発表について/丸善製薬
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.スポーツニュートリション向けの素材 スポーツ乳酸菌「TWK10」の供給を本格的に開始/蝶理
3.ヤンヒーホスピタルダイエット(タイ製)の健康被害について/厚生労働省
4.ビルベリーの眼精疲労に対する働き方のしくみの一部が明らかに/わかさ生活
5.ぬるタイプのグルコサミン(クリーム)を発売/エーエフシー
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO