健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

甘くて香る抹茶のような笹のお茶をギミックボトルで新発売


[2008/08/25]
甘くて香る抹茶のような笹のお茶をギミックボトルで新発売
東洋インキ製造(株)(東京都中央区、佐久間国雄社長)は、イネ科植物のクマザサ葉の粉末を使ったペットボトル飲料「リオナチュレ 笹まろやか茶」の販売を始めた。首都圏、札幌などの「ranKing ranQueen(ランキンランキン)」のほか、グループ企業でオンライン販売も行う。同社のペットボトル飲料は初めて。 同製品は、北海道産クマザサ葉粉末を原料とした清涼飲料水。遮光性と密封性に優れた特殊ペットボトルのキャップ部分に同素材1gを封入。開栓すると粉末がボトル内の天然水に落下する仕組みで、いったんキャップを閉め、ボトルをよく振ることで、新鮮なクマザサのさわやかな香りと味が楽しめる。
甘くて香る抹茶のような笹のお茶をギミックボトルで新発売
当初は、2007年7月に開いた同社創立100周年記念の関係得意先向けプライベートショウでノベルティグッズとして紹介されたが、好評のため製品化となった。同社では、同製品の拡販と並行し、原料のクマザサ葉粉末「リオハーバル」の供給拡大を図る考え。 同素材は、クマイザサおよびチシマザサの葉を細かく粉砕した粉末製品で、キシロオリゴ糖などの糖質などのほか、食物繊維を豊富に含む。抹茶のような香りと甘みがあり、それでいて苦味がないことから、同社では新たな青汁用原料のほか、茶系飲料、和菓子用途などで提案する。
甘くて香る抹茶のような笹のお茶をギミックボトルで新発売
同社初のペットボトル飲料となった同製品は、斬新性や猛暑などもあり好調な滑り出しをみせているという。同社は、クマザサから独自製法で抽出した「ササエキス」を使った健康補助食品「リオナチュレ」を展開している。 希望小売価格は200円(340ml)。同社グループ企業の東洋ビーネットオンライン販売では、24本入り4800円。今後、携帯しやすい粉末タイプでの展開も検討するという。
つぶやく
関連ニュース
セ資生堂ビューティートレンド研究チームが2017年春夏の街頭トレンドを解説 今季メイクは「ピンクブーム」が熱い!/資生堂
セ通販ブランド『米肌』から、「活潤リフト化粧水」を発売/コーセープロビジョン
セ2017 F/W トレンド予測 スーパーフードランキング TOP10 【モバイルスーパーフード】が続々登場/日本スーパーフード協会
ソ今週のアクセスランキング
1.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
2.健康食品開発の米社に出資/電通ベンチャーズ
3.6/19 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉 脳内αディーエイチシー])追加1製品を公表/消費者庁
4.抗菌剤として特許取得のホタテパウダー使用のインソール『抗菌ソールEX』を新発売/スプレンダーISO
5.キムチ由来の植物性乳酸を化粧品用途でも本格展開
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO