健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

自然派コスメのギフトにポップコーン


[2008/07/14]
自然派コスメのギフトにポップコーン
(株)ラッシュジャパン(神奈川県愛甲郡、アンドリュー マーティ ン ゲーリー社長)が定番のギフト5商品の緩衝材を「ポップコーン」に変更し、トライアル販売している。7月31日までの期間中に購入者のアンケートの結果を踏まえ、正式採用の可否を判断する。 ギフトを開けると中からポップコーン。もっとも「贈り物」として入っているわけではない。その役割はギフトの緩衝材。食品だけに思わず目が点になり、違和感を感じる。だが、緩衝材としては独特の感触でふんわりと「贈り物」を包み込み、その役割をしっかりと果たしている。 同社は、英国「ラッシュ」の自然派化粧品を日本で扱う販売メーカー。そのモットーは「新鮮・手作り・安全・愉快」。ポップコーン緩衝材採用ギフトは、その理念を具現化した愉快な企画商品といえる。 採用したポップコーン緩衝材に包まれるのは、「幸せのピンク」(8,830円)「Shall We ワルツ?」(4,610円)「おてんば娘」(2,550円)「きらめきソープ箱」(2,480円)「人気者でいこう」(2,300円)の同社人気の定番5商品(価格は全て税込)。いずれも新鮮な野菜や果物などを材料にハンドメイドで製造された石鹸、入浴料、ボディケア製品などの詰め合わせだ。 「弊社では肌の上に直接乗せるコスメも口に入れる食品と同じ様に考えます。新鮮であることが一番大切で固形のものは使用期限1年。ラベルには作り手のニックネームも入れています。合成物質も必要最低限の量で長年の使用により安全性が確認されたもののみを使用しています」と同社広報担当・椎木麗氏。 同社のモットーが集約されたような企画商品。だが、始めるきっかけとなったのは環境面での要素が一番だったという。それはポップコーン緩衝材の「利用対環境負荷」の低さにある。従来のシュレッドペーパー緩衝材と比べると、トウモロコシ利用の場合、その体積は大幅に削減される。その結果、配送トラックのCO2排出量の削減にもつながる。試算では約半分に抑えられるという。
自然派コスメのギフトにポップコーン
あくまでテスト販売で正式採用はアンケートの結果次第。いまのところ「食品を緩衝材に使うとは…」との否定的意見もあるものの、「面白い」と肯定的な意見も集まっているという。実はコスト面でも割安で、さらに使用後焼却しCO2を排出するペーパーに比べ、ポップコーンでは使用後肥料として再利用可能というメリットもある。アンケートはギフト内に同梱されているほか、PC・携帯サイトでも実施している。 「この商品を贈る人、贈られる人が、少しでも環境のことを考えるきっかけになってくれれば」と椎木氏。単に素材や企画にこだわるだけでなく、環境問題にも真っ向から取り組み、常に社の理念を具現化した商品販売で急成長を遂げる同社の姿勢は、参考にして損はなさそうだ。
つぶやく
関連ニュース
セパンプススタイルでもスニーカーのような履き心地の靴を発売/ムーンスター
セサロンでのハンドテクを参考に開発 スカルプ&ビューティーケア機器を発売/アデランス
セ店販用 機能性表示食品「潤う るつやセラミド」を発売/日本製粉
ソ今週のアクセスランキング
1.「風船吹くだけダイエット」を紹介した書籍を刊行
2.働く女性の9割以上が髪または頭皮に悩み
3.歩行速度の低下は認知障害のサイン?
4.青しそ抽出液配合美容液によるヒト有用性評価について/バスクリン
5.日本最大級の美の祭典でグランプリが決定/ダイアナ
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO