健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

中国皇帝や徳川将軍家愛飲の不老長寿生薬を本格展開


[2008/07/10]
中国皇帝や徳川将軍家愛飲の不老長寿生薬を本格展開
(株)信州薬品研究所(長野県上田市、鍋島厚社長)は、生薬系の医薬品「パナックスケイギョク」を本格展開する。同社は、昨年末にさらなる企業価値向上を目指し、ハーバー研究所の関連会社となっており、一層の販売体制強化を進めている。 同製品は、中国・宋の時代から受け継がれる地黄や人参を主薬とした生薬で皇帝の不老長寿薬を目的に考案されたとされる。その効果は「本草綱目」「寿世保元」など伝統的な医学・薬学書にも取り上げられ、李朝時代の朝鮮で記された「東医宝鑑」では"養生と長寿に効果のある薬"として第一に記されている。 同社では、創業者の秦考之介氏が少年時代に瓊玉膏を目にした際の周囲の興奮などをみるにつけ「いつか自分の手で最高の瓊玉膏を作る」と決心し、足かけ40年で完成させた。主成分の生地黄は北海道・十勝平野の無農薬栽培品を使用。人参は高品質で高年生の薬用人参を厳選する。
中国皇帝や徳川将軍家愛飲の不老長寿生薬を本格展開
つくり方は「東医宝鑑」で示された製法を厳密に実践。人参、地黄のほか、ブクリョウ、ジコッピ、ハチミツなど7つの生薬を攪拌後、専用の釜で加温し、水気を切り、そのまま1週間かけて薬剤を熟成させる。古来から受け継がれた処方や製法を忠実に再現することにより、防腐剤は一切不要で各生薬の薬効が渾然一体となり引き出された伝統の秘薬が見事に蘇える。 効能・効果は虚弱体質、肉体疲労、胃腸虚弱、血色不良、冷え症、発育期、病後の大量低下、食欲不振など。飲み方は附属のスプーンでそのままか、お湯に溶かして飲むなど。1日10gを2回服用する。
中国皇帝や徳川将軍家愛飲の不老長寿生薬を本格展開
昨年末にハーバー研究所の関連会社となり、「無添加」のイメージで共通する同社とのシナジー効果を狙う信州薬品研究所は、定番でもある同製品のさらなる販売強化方針を固めており、今後、漢方薬局や新たなチャネル開拓に乗り出し、今秋までにこれまでの倍の販売体制を整える予定だ。
つぶやく
関連ニュース
セ化粧水ミストのような使用感の花粉対策スプレーを発売/アース製薬
セ医薬品と食品の相互作用に注意
セ子どもの習う「武道」と外傷リスク
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
3.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.自己の血液で作る即効型次世代注入剤「PPP」を治療メニューに導入
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO