健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

日健栄協が適正表示を呼びかける講習会を開催


[2005/11/14]

(財)日本健康・栄養食品協会は9日、東京・アルカディア市ヶ谷において「食品の表示に係わる講習会」を開催した。7月1日付けで公布・施行された栄養表示基準及び栄養等の一部改正の運用に関し、厚生労働省医薬食品局食品安全部新開発食品保健対策室・調所勝弘衛生専門官を招いての講習会となった。 調所調査官は今年2月から実施されている新たな健康食品に係わる制度の見直しのポイントを解説。条件付トクホや規格基準型トクホの概要を説明した上で、規格基準型トクホについて「今後の規格基準として、まず有力なのが、血糖値が気になる方へと表示できる関与成分」と、予想した。また、疾病リスク低減表示については、通常の特定保健用食品の表示許可申請に必要な資料に加え、当該関与成分の有効性を検証した論文から成るメタアナリシス(複数の臨床データを統合して統計を行う手法)論文などを提出する必要があることを説明した。 現在、健康食品の表示に関しては「ダイエット用食品」の表示の禁止や、栄養成分の表示の義務づけ、「食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。」表示の義務づけが行われているが、猶予期間が特定保健用食品では平成18年の3月31日まで、栄養機能食品については平成18年3月31日までに製造され、加工され、又は輸入されていれば流通していても可とするとの違いを説明。「ダイエット用食品」については、猶予期間が無く、すでに5月1日付けで施行されている。これ以降は、すでに流通しているものに関しても回収を求める可能性を述べた。

つぶやく
・関連ニュース
2Lペットボトルの国内最軽量を更新/キリンビバレッジ
サプリメント「GABAリズム」機能性表示食品として消費者庁より受理/シンギー
3/20 機能性表示食品の届出更新(ポリデキファイバーT/ポリデキストロース(食物繊維)《東洋新薬》)等[追加14件 / 合計1,885件]/消費者庁
・今週のアクセスランキング
1.特定商取引法違反の連鎖販売業者に対する業務停止命令(9か月)及び指示について/消費者庁
2.鶏ムネ肉プラズマローゲン摂取による認知機能低下予防作用を発表
3.ダイエットサポート飲料「コバラサポート グレープフルーツ風味」を発売/大正製薬
4.ナノ型乳酸菌が生存マウスのパイエル板内に吸収される映像を公開/IHM
5.日本人における加齢に伴う腸内細菌叢の変化を確認/森永乳業
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO