健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

総務省/同意なしは違法。迷惑メール法改正案が成立


[2008/06/04]
「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律案」が5月30日、参議院で可決され、成立した。平成20年2月29日に国会に提出されていた。ポイントは、広告宣伝メールの規制に関し、取引関係にある者への送信など一定の場合を除き、あらかじめ送信に同意した者に対してのみ送信を認める方式(いわゆるオプトイン方式)が導入された点。従来は、事前に受信者の同意を得ていなくてもメール件名の冒頭に「未承諾広告※」を入れるなどの表示義務を守れば広告目的の送信も問題はなかった。法の実効性の強化するため、「送信情報を偽った電子メールの送信に対し電気通信事業者が電子メール通信の法人に対する役務の提供を拒否できる」「罰金額も100万円以下から3000万円以下に引き上げる」など、罰則も強化。いわゆる迷惑メールに対し、厳しい規制が敷かれることになる。ネットの普及に伴い直接消費者へ訴求できるツールとして、ダイレクトメールにならぶほど健康食品業界を含め各業界で有効活用されてきたメール広告。施行日については「公布日から起算して6ヶ月以内において法令に定める日」とされ、具体的な期日は未定としているが、メール販促の練り直しなど、発信側の意識の徹底が迫られそうだ。特定電子メール法の平成20年改正についてhttp://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/d_syohi/m_mail.html
つぶやく
関連ニュース
セ『舞妓はん』より「虹の光パウダー 01 夕空色」を発売/常盤薬品工業
セ「パセノール TM モイストジェル プレミアム」通販限定販売/森永製菓
セ脱酸素剤の製造拠点として食品安全の国際規格「FSSC22000」取得/三菱ガス化学
ソ今週のアクセスランキング
1.簡単・もちもち・栄養up! カナダ産オーツ麦から生まれた「ライスオーツ」を新発売/スタースーパーフーズ・インターナショナルジャパン
2.医薬品成分を含有する製品(無承認無許可医薬品)について/厚労省(横浜市)
3.公園の砂場は細菌の温床
4.イズミヤ株式会社及び株式会社牛肉商但馬屋に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
5.史上初「シワを改善する」効能の医薬部外品の製造販売承認を取得/ポーラ化成工業
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO