健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

総務省/同意なしは違法。迷惑メール法改正案が成立


[2008/06/04]
「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律案」が5月30日、参議院で可決され、成立した。平成20年2月29日に国会に提出されていた。ポイントは、広告宣伝メールの規制に関し、取引関係にある者への送信など一定の場合を除き、あらかじめ送信に同意した者に対してのみ送信を認める方式(いわゆるオプトイン方式)が導入された点。従来は、事前に受信者の同意を得ていなくてもメール件名の冒頭に「未承諾広告※」を入れるなどの表示義務を守れば広告目的の送信も問題はなかった。法の実効性の強化するため、「送信情報を偽った電子メールの送信に対し電気通信事業者が電子メール通信の法人に対する役務の提供を拒否できる」「罰金額も100万円以下から3000万円以下に引き上げる」など、罰則も強化。いわゆる迷惑メールに対し、厳しい規制が敷かれることになる。ネットの普及に伴い直接消費者へ訴求できるツールとして、ダイレクトメールにならぶほど健康食品業界を含め各業界で有効活用されてきたメール広告。施行日については「公布日から起算して6ヶ月以内において法令に定める日」とされ、具体的な期日は未定としているが、メール販促の練り直しなど、発信側の意識の徹底が迫られそうだ。特定電子メール法の平成20年改正についてhttp://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/d_syohi/m_mail.html
つぶやく
関連ニュース
セ認定健康食品「フコイダン食品」規格基準の公示について/公益財団法人 日本健康・栄養食品協会(JHNFA)
セプレミアム&低カロリーメニュー「ブラウンマッシュルームケールチキン」を発売/I&P RUNWAY JAPAN
セ訪日外国人に向け、メディカルフューチャー提供「次世代型血液検査」のサービスを開始/エイチ・アイ・エス
ソ今週のアクセスランキング
1.7/11機能性表示食品の届出情報(いちょう葉エキス《インシップ》)等追加7製品を公表/消費者庁
2.メディエンスが、世界最大の酵母メーカー・ルサッフル社と日本での独占販売契約を締結
3.健康食品の電話勧誘販売している3事業者に業務停止命令(3か月)/消費者庁
4.6/28機能性表示食品の届出情報(青い瞳《フジワラ化学》)等追加1製品を公表/消費者庁
5.卵白由来プロテイン「EAP-sport PLUS(EAPスポーツ プラス)」を本格展開/セティ
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO